09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

かずべい

Author:かずべい
かずべいのヘリライフへようこそ!
まだまだ初心者ですが楽しんでます。
所有機
T-REX450PRO(パチ物ばーかり)
・HKTAROT450-3GX
・TAROT450-3GX
・T-REX450L(3セル)
T-REX500EFL
T-REX550E(V2改)
T-REX600EFL
MultiCopter
・500mmY3 Tricopter type
・500mmFPV-Quad-X Type
JR Voyger50(エンジン機)
Walkela GeniusCP/V2
Phantom

最新記事

最新コメント

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

来訪者数

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HKのKK2.0ボードのアップグレード!

2012.09.09 18:50|マルチコプター
なんとなくHKのKK2.0のページを、ぼーっと見ていたら、KK2.0ボードのファームウエアーらしき物がアップされていた。

色々調べているうちに2012-08-13のプログラムが一番新しいようだった。

持っている人もそうでない人もここをクリックする。そしてフラッシュソフトを手に入れてください。

バージョンは必ずV0.63をダウンロードする。(以前はV0.63beta8とかがありましたがそれはダメです。)

CIMG0325_R.jpg

次にHobbyKingのKK2.0ボードのページを開いて、一番下にあるタブの「FILES」を選ぶといっぱいファイルが出てきます。

CIMG0324_R.jpg

その中から、FirmwareKK2.2 V1.2をダウンロードする。

そのファイルは圧縮ファイルになっているので、適当な解凍ソフトで元に戻しておく。

ファイルの中身はこんな感じです。まだソフトの元になるアセンブラのソースファイルと一緒になっている。
最初は自分でコンパイルするのかと、思って「こりゃダメだ!」と、あきらめていたら、

CIMG0321_R.jpg 

コンパイルされたファイルも一緒になってやがる!kk2.hexと言うのがそれである。
必要なファイルはこれだけです。後は私たち一般ピープルには必要の無い崇高なファイル郡である・・・

フラッシュソフトを立ち上げたら、まずUSBaspを選んでおく。

CIMG0320_R.jpg 

そしてその下にあるコントローラー選択画面でHobbyKing KK2(32kB flash)を選んでおく。

次はファームウエアーの選択だが先ほどのファイルの場所を指定して、次の画像のようにファイル名にkk2.hexが入っているようにする。 

CIMG0322_R.jpg

最後にケーブルを図のようにつないで書き込み準備は出来たわけだが、USBaspの種類によって方向が違うので、先にPCにUSB側を差し込んでおき、基盤側を後に差し込む。正解なら液晶が光るが、間違いなら何も起こらない。すぐに抜いてくれたまえ!!

CIMG0311_R.jpg 

私のUSBbspはMYRCMARTで買ったものです。HobbyKingで買ったものだと反対になるんじゃないかと思う。
とりあえず壊れることは内容なので、自己責任で試してくれたまえ!

接続が完了したら、最後の作業です。
ソフトの右端に、緑の丸いボタンがあるので、それをクリックしてください。(上の方のボタンです。)
ファイル容量があるため少し長い時間(合計2分ぐらい)待つようだが、成功したら最後に「ありがとう」が出て終了です。

CIMG0323_R.jpg 

以上で書き換えは終了です。
あくまでも私の環境でうまく行っただけなので、全ての環境で成功するとは限りません。
自己責任でやってください。そして失敗したらもう一個買ってください。(今は品切れでバックオーダー中です)

電源を入れると一瞬こんなメッセージが出てきます。

CIMG0314_R.jpg 

Versionは1.2のようです。Rolf Runar Bakkeさんに感謝しつつ・・・

ホーム画面はこんな感じです。

CIMG0312_R.jpg 
バッテリーの電圧表示が出来るようになっていますが、これを有効にするにはハンダ付けによるボードの改造が必要ですのでご注意をば。

真ん中のOKは各センサーがOKという意味です。センサーキャリブレーションを行うまでは(早よキャリブレーションせんかい!)と起こられてしまいますので、以下の順番で初期瀬ってを行ってください。

1.モーターレイアウトを目的のレイアウトに変更する。(初期値はたしかQuad-Xだったと思います)
2.ESCのキャリブレーションを行う。
  キャリブレーションのやり方。
  まずプロポのスイッチを入れてスロットルをHi側にする。(スロットルカーブなどで100%になっていな  い場合は必ず 100%になるようにする。  
  ボードの1番と4番のスイッチを押しながらバッテリーをつなげる。(これがたいへん!!)
  モーターからビープ音が「ビービー」と2回鳴ります。
  2回鳴ったらスロットルを一番下にする。(ビープ音が「ビー」と一回だけ鳴る
  ボードのスイッチから手を放して結構です。上記作業中はずっと押しっぱなしになります。
  機体の電源を切って、電源の入れ直しをします。
3.ここでやっとセンサーキャリブレーションが出来ますのでMenuからセンサーキャリブレーションを行ってください。

これで先ほどの写真のようにOKの表示になるはずです。

次はバージョンアップで変わった所ですが、その前に全ての設定が初期化されてしまいますので、アップグレード前には書くパラメーターをメモにしておくことを、お勧めします。
私は何にもしていなかったので、また最初から設定しなおしです。(ぐっすん!もう覚えてないわい!)

とりあえずCPPMが使えるようになっているようです?
設定したらいきなり暴走するのがいやなので、私はNoのままで使います。

CIMG0315_R.jpg 

なんか表記の言葉が変わっているようですね。

CIMG0316_R.jpg 

CPPMのセッティングメニューが増えてます。

CIMG0317_R.jpg 

中身はこんな感じです。

CIMG0318_R.jpg  

とりあえず全くその役割が分からないので、やっぱり触るのはやめておこうと思います。

CIMG0319_R.jpg  

これはありがたい!オールリセットのメニューが着きました。

とりあえずこんな感じですが、アップグレード前にはあんなに落ち着いた機体だったのに、グダグダになってしまいました。

また調整を最初からするしかないようですね!

以上、

テーマ:ホビー・おもちゃ
ジャンル:趣味・実用

コメント

こんばん

記事違いですが、まぐろ君からヘリに復帰おめでとうございます。(^O^)
何回みても、つい笑いがこみ上げるマグロくん・・・ナイスすぎますw

本題ですが、先ほどKK2.0のファームウェアアップデートしてみました。

microHex機に搭載のモノで行ってみました。(まだブログには載せていませんが)レイアウトロードして、ESCキャリブレーションのみ、各PI制御値(selfleveling含め)をデフォルトのままフライトしました。
結果・・・もう触らなくてもいい・・このままで十分過ぎる安定性という結果でした。
いじりたおすと言う意味では制御値の追い込みもオモシロそうですが、とにかく安定しすぎておもしろみが・・・((^_^;)\(・_・) オイオイ

ちなみに、余談ですが、今回のファームウェアアップで、ESCキャリブレーション時にバッテリーを繋いでから速やかにボタン二つ押せば問題無いように起動遅延が組まれているようなので、手が4本無くてもいいですよって書いてありました(*゚∀゚*)

取り急ぎ報告まで~

(。・_・)ノ

まぐろ!

はがぺんさん

こんばんは。
そーなんですよ!マグロ君が無事復帰出来て良かったです。

話は変わりますが、やっぱりESCのキャリブレーションは同時にやら無くてよかったんですね。もうちょっと早く知りたかった!私はまた前回と同じように、手が4本欲しいよーと!叫びながらやってました。
そう言えばバッテリーつなぐとちょっとだけバージョンメッセージが出てますもんね。あの時間でSWの1と4を押せばいいんですね。

次からはそうします。なにせこちらはまた秘密のミッションが開始されようとしてますので・・・

またブログにアップしますね!
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
現在の閲覧者数: