05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

かずべい

Author:かずべい
かずべいのヘリライフへようこそ!
まだまだ初心者ですが楽しんでます。
所有機
T-REX450PRO(パチ物ばーかり)
・HKTAROT450-3GX
・TAROT450-3GX
・T-REX450L(3セル)
T-REX500EFL
T-REX550E(V2改)
T-REX600EFL
MultiCopter
・500mmY3 Tricopter type
・500mmFPV-Quad-X Type
JR Voyger50(エンジン機)
Walkela GeniusCP/V2
Phantom

最新記事

最新コメント

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

来訪者数

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

復活!KKブラックボード!!

2012.08.19 21:23|マルチコプター
6モーターのHEXコプターの作成に入りたい所ですが、部品を取ったクアッドコプターと1100KVのモーターがもったいないので、一番最初に作ったときの「KK-マルチコントロールボード」を復活させました。

ただ復活させるだけでは面白くないので、まずペラを10x4.5から8x4.5へ変更して高回転型にしました。

さらにファームウエアーはもちろん「キャプテンクック4.7」を導入。

そのままでは正常に動作しないのはわかっていたので、PCとリンクさせてYAW軸のセンサーをリバースにする(どこかのブログでそう書いてあったので、そのままやって見ました。)

さらに公式な説明書ではロール軸とYAW軸のトリマーを50%ぐらい設定して、ピッチ軸は0にする、と、書いてあるのだが、その通りに設定すると手で持って回して見ただけで右後ろにひっくり返ろうとしよります。

トリムで調整したり色々いじって見たんですが、どうしても癖が取れないので、ピッチ軸のトリマーを50%ぐらいに変更して見たら、癖が取れてなんとなくいい感じになりました。

それとキャプテンクックにしたらモーターの順番が変わります。
M1(左前、CW)
M2(左後、CCW)
M3(右前、CCW)
M4(右後、CW)    (CW=>時計回り、CCW=>反時計回り)

前チャレンジしたときはこのつなぎ方も間違えていたのかもしれません。(今となってはもう分からない!)

とりあえず全体の写真です。

CIMG0249_R.jpg

モーターとペラのアップです。回したときの風きり音が少し高くなったような気がします。
また、1100KVのモーターと8x4.5はなかなかマッチしているようです。
注意点はこのペラは軸穴径が5mmの固定サイズですのでプロペラアダプターを選ぶときは注意してください。
かく言う私も6mmのアダプターをこれように4個も買ってしまいました。(残念!!)

CIMG0251_R.jpg

これがこのコプターの心臓部「KK Multicopter Controller (V5.5 Board / V2.5 Program)」です。
購入時はクアッド+Ver2.5がプリインストールされています。

CIMG0252_R.jpg

PCにUSBでつないで色々なファームウエアーを入れたり、設定をしたりと色々遊べるボードです。
皆さんご存知のホビキンからもコピー物が発売されていますが、設定が思うように行かないと不評の方が多いようです。
私が購入したのはMYRCMARTというショップで購入しました、このショップはRCXブランドで販売している商品がなかなか安くてモーターも1個¥630ぐらいでESCも30Aもので同じく¥790ぐらいで販売しています。他にはフレームも結構安く販売されていますが、メーカーと喧嘩したのか一時的に販売していませんでしたが、今はまた復活しています。

MYRCMARTのURLです。RCX KK Multicopter Controller に飛べます

ここで買い物をする場合は、通貨の切り替えをJPY(日本円)に切り替えてください。
ここを含めて、通貨の切り替えができるところはJPYにした方が安い場合が多いです。
この記事を書いている時点でもそのままUS$が79.5円ぐらいですが、通常PayPalという換金センターを使用しますので、換金手数料が+2.5円ぐらい増えてしまいます。(合計で82円)
ところがJPYで決済をすると多くの販売店が79円ぐらいで換金しているため、1$で3円ぐらいですが安く買えます。(まさに円高差益です。!!)

このボードを含めほとんどのボードが3軸制御になっていますが、ホビキンのKK2.0ボードは3軸のジャイロに3軸の加速度センサーが入っているため、より強力に制御できるようです。

Hobbyking KK2.0 Multi-rotor LCD Flight Control BoardのURLです。

しかし今回これを復活させたのは、同じボードを2個も持っていて、さらに1100KVのモーターが4個余ってしまったのがもったいないので、あえてこのボードを使用して復活させて見ました。

したがってこの後からのブログではHEXコプター編とKKブラックボード編の2編に分けてアップしたいと思います。

そんなとこで今日はおしまいです。

つづく・・・

テーマ:ホビー・おもちゃ
ジャンル:趣味・実用

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
現在の閲覧者数: