05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

かずべい

Author:かずべい
かずべいのヘリライフへようこそ!
まだまだ初心者ですが楽しんでます。
所有機
T-REX450PRO(パチ物ばーかり)
・HKTAROT450-3GX
・TAROT450-3GX
・T-REX450L(3セル)
T-REX500EFL
T-REX550E(V2改)
T-REX600EFL
MultiCopter
・500mmY3 Tricopter type
・500mmFPV-Quad-X Type
JR Voyger50(エンジン機)
Walkela GeniusCP/V2
Phantom

最新記事

最新コメント

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

来訪者数

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KK Multicopter Controller について。

2012.07.15 22:34|マルチコプター
マルチコプターの心臓部にあたるコントロールボードですが、タイトルに書いたKK Multicopter Controllerがとても有名です。しかもボード自体の値段がとても安く本家のKKブラックボードと言われるもので、1040円ぐらいです。
(KK Multicopter Controller)
そのほかにはPCからファームウエアーを書き込むUSBケーブルも320円ぐらいで購入できます。
(USBケーブル)

材料は比較的安く手に入るので良いんですが、とにかく説明書が無くて大変です。

そこで私が実験したないようですがちょっとしたアドバイスを書いておきます。

まず、ファームウエアー書き換えのソフトが必要ですが、これは(ここをクリックしてソフトのページに進んで下さい)

KKmulticopter Flash Toolのページに進んだと思いますので、下の方にある
Windows/Linux KKmulticopter Flash Tool V0.63 beta 8を選んでダウンロードしてください。

次にダウンロードしたソフトは解凍せずにそのままダブルクリックします。出てきたファイルの中から(lib)を選んでダブルクリックする。その次は(avrdude)をダブルクリック。その次は(windows)をダブルクリック。次に(avrdude)をダブルクリックすると、解凍して良いか聞いて来るので、(全て展開)を選ぶ。後は出てくるメッセージを読んでやれば出来ると思います。

うまく展開できたらその中に(kkMulticopterFlashTool(種類がWindowsコマンドのもの))が出来ているのでそれをダブルクリックすると、フラッシュツールが動き出すはずです。

フラッシュツールを動かすにはルールがありまして、Windowsは32bitであること、パソコンにJAVAがインストールされていること。この条件を満たさないと、動作しないようです。

フラッシュツールの使い方は過去ログの(ソフトの使用例)を参考にしてください。

次はコントロールボードのセッティングですが、これがまた思うように動かない!試行錯誤の結果わかったことを順に書いて行きます。

まず最初にプロポと、ボードのセンターリング調整です。

ボードにあるトリマーのPITCH(真ん中)のトリマーを反時計回りにいっぱいに回します。

CIMG0218_R.jpg

次にプロポの方ですがスロットを含め全てをセンターにあわせる。もちろんトリムは全て0にする。
ただしスロットについてはスロットルカーブがありますので、ST-1などを利用してフラットな直線状態にする。(これが分からなかったんで何度も同じ事をしていました)

スロットルカーブを設定してあるノーマルモード

CIMG0220_R.jpg

スロットルカーブをフラットにしたST-1

CIMG0221_R.jpg

先に書いた全ての用意が出来たら、機体の方の電源を投入します。
ボード上のLED3回光ります(すごく早いので回数は分からないと思いますよ)
その後少し待つとLEDが1回だけ光りますので、それを見たら機体の電源を切ってボード上のトリマーを最初の通りに真ん中に回しておきます。

これでプロポのセンターリングは出来上がりです。

次はESCのバランス調整です。

このときのボード上のトリマーの位置はYAWを反時計方向にいっぱいに回しておきます。

CIMG0222_R.jpg

次にプロポの方ですがST-1にした上でスロットルをフルHiにしておきます。

次に機体の電源を入れるとLEDが3点滅を2回繰り返します。
2回光ったらスロットルをフルLowにします。
ESCから変な音が出たら機体の電源を切って出来上がりです。

これで基本的なボード設定は終了しましたので、あとは実際に浮かせて見てトリムで調整してください。

ちなみに私の場合は前進で20ぐらい右に12ぐらいトリムを調整しました。

それとボードの起動のさせ方ですが、機体の電源を繋いだ後にラダーを右いっぱいに1秒ぐらい切っていると、ボード上のLEDが点灯して起動状態になります。

ただし通常スロットルのトリムが0の状態ではほとんど起動しないようで、私の場合はスロットルトリムを-28まで下ろしてやっと起動しました。この数値はボードによってばらつきがあるようですので、少しづつ下げて見て起動する箇所を見つけてください。

一応簡単ではありますが、私がやって見てわかった範囲で書いて見ました。
これから始めようとしている方の参考になれば幸いです。

テーマ:ホビー・おもちゃ
ジャンル:趣味・実用

コメント

初めまして(^o^)/

マルチコプターを検索して、こちらにお邪魔しました。
国内のマルチコプター情報ってまだまだ少なくて、とても参考になります。

いろいろとローカライズが進めば、もうちょっと敷居が下がると思うのですが、RCヘリ(マルチ含めて)が高価なおもちゃという位置づけから、気軽に楽しめるホビーとなってくれるのを夢見て居たりします。

これからも、またちょくちょくお邪魔させていただきたいと存じます。

(。・_・)ノ

No title

はがぺんさん

こんにちは!
おっしゃる通り国内のマルチコプターの情報はまだまだ少ないのが現状で、私も色々なブログを参考にしてやっている現状です。
まだまだ不完全な所が多いですから、つかんだ情報は速やかにブル具にして行きたいと思います。
今後ともよろしくお願いします。

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
現在の閲覧者数: