07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

かずべい

Author:かずべい
かずべいのヘリライフへようこそ!
まだまだ初心者ですが楽しんでます。
所有機
T-REX450PRO(パチ物ばーかり)
・HKTAROT450-3GX
・TAROT450-3GX
・T-REX450L(3セル)
T-REX500EFL
T-REX550E(V2改)
T-REX600EFL
MultiCopter
・500mmY3 Tricopter type
・500mmFPV-Quad-X Type
JR Voyger50(エンジン機)
Walkela GeniusCP/V2
Phantom

最新記事

最新コメント

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

来訪者数

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

T-REX600ロングテール作戦!

2012.04.20 18:00|T-REX600EFL
標準では妙に頭がでかいT-REX600EFLですが、これに700用のテールを移植してみましたところ、なかなかかっこよくなりました。又、テールを伸ばすことによりモーメントが減るらしく安定感が上がるそうです。
ただし、550に600用テールはポン付けできますが、600に700用テールはポン付けではだめで結構加工が必要です。もし同じようなことを考えている方がいたら参考にしてもらえると良いと思い、書いてみました。
CIMG0032.jpg
まずはテール本体の加工です。直径は550,600,700とすべて同じ直径ですが、600と700では取り付け部分の切りかきや、穴の位置が少し違います。写真のように元々の穴を基準に水平線を引いておき穴がずれないようにした上で、パイプを30mmカットします。
次に端から20mmの所に5mmのドリルで穴あけをします。CIMG0028.jpg
次はフロント側の加工です。
700は回り止めの切りかきが短く写真のように加工しなければフロント側にトルクチューブがはまりません。
ドリルとやすりを使用して写真のようにきれいに加工してください。その際もとの太さよりも少し太く削って少し遊びを作っておくと、後で垂直が出なくなったときに多少調整ができます。
CIMG0030.jpg
最後にテールコントロールロッドの加工です。
実はこれが一番大変で、金属の部品がしっかり接着されているため、ライターなどを利用して接着剤を溶かしながら取り外します。取れたらパイプにねじ状のリンケージがねじ込まれているのでこれも取り外します。同じく接着されているのでとるのは大変です。
両方の部品が取れたら端から10mm(6~10mmで現物合わせをしたほうが良いと思います)カットしてリンケージを元通り瞬間接着剤を使ってねじ込む。その上から金属の部品を瞬間接着剤でしっかり止めておく。
CIMG0031.jpg
また、このリンケージロッドに使われているねじ部分は少し太めで、大きいボールリンクを使う前提になっています。(大きいボールリンクだとスカスカになります。)したがって、600用ボールリンクのねじ部分を2.5mmのドリルで加工してあげると問題なく使用することができます。(これが結構誤算でした)
以上で600に取り付ける加工はすべて終了です。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
現在の閲覧者数: