09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

かずべい

Author:かずべい
かずべいのヘリライフへようこそ!
まだまだ初心者ですが楽しんでます。
所有機
T-REX450PRO(パチ物ばーかり)
・HKTAROT450-3GX
・TAROT450-3GX
・T-REX450L(3セル)
T-REX500EFL
T-REX550E(V2改)
T-REX600EFL
MultiCopter
・500mmY3 Tricopter type
・500mmFPV-Quad-X Type
JR Voyger50(エンジン機)
Walkela GeniusCP/V2
Phantom

最新記事

最新コメント

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

来訪者数

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インテルのNUCでDN2820FYKHを買ってしまった。

2015.03.04 16:05|パソコン

ついに来るとこまで来てしまった感がある。

禁断の領域に手を出してしまった。

買ってしまったのはインテルのNUCと呼ばれる、超小型パソコンのキットです。

今回駆ったのは以下の通りです。

本体    インテルNUCベアボーンキット DN2820FYKH
メモリ    1.35V対応の4GBのSODIMメモリ
SDD    トランセンドの比較的速めの128GB

合計で27000円ぐらいです。

まずは恒例の集合写真です。

DSC01641_R.jpg 

なんか机の上がごちゃごちゃしていますが・・・

本体です。

DSC01642_R.jpg 

12cm四方ぐらいの真四角の箱に入っています。

中身です。

DSC01647_R.jpg 

一番奥がNUC本体、手前のプレートは液晶の裏に取り付ける用のプレート。右側がACアダプタ(12V3A)袋に入っているのは各国用のACプラグアタッチメントです。

説明書は一応付いていますが、絵が書いてあるだけの簡単な物です。

本体上部です。

DSC01648_R.jpg 

左隅に電源スイッチとHDDアクセスLEDが付いていました。

DSC01649_R.jpg 

裏側です。AC入力、USB2.0(2個)、Gigabit-イーサ、画面出力用HDMI、音声出力、一番上はクーリングFAXの排気口です。

メモリーです。

DSC01643_R.jpg 

相性リストにのっていたのでこれにしました。

DSC01644_R.jpg 

CFDで扱っている物で、中身はエリクサーのDDR3メモリーです。

DSC01645_R.jpg 

1.35Vと書いてありますね。

次はSSDです。

DSC01646_R.jpg 

一応SATA-6G対応です。ただしNUC本体は3Gまでしかサポートしません。

ここからは組み立て過程です。

まず裏蓋をネジを緩めて外します。

DSC01650_R.jpg 

2.5インチのHDDマウントがあります。

次は2本ほど出ているとっくをゆっくり引っ張ってふたを外します。

DSC01651_R.jpg 

右側のスロットにメモリを取り付けます。

これは最初から付いているWIFI+Buletoothカードです。

DSC01652_R.jpg 

SSDはこんな感じで取り付けます。

DSC01653_R.jpg 

ねじはここと裏側の2箇所だけです。

DSC01654_R.jpg 

ネジを締めたらHDDベースを元通りに戻します。ケーブルが2本つながっていますので、気を付けて下さい。

裏蓋を元通りに止めたら完成です。

DSC01656_R.jpg 

これで組み立ては終わりです。ゆっくりやっても30分ぐらいで終わります。

次はOSのインストール作業です。

私は比較的昔から触っていた、Ubuntu(Linux)にしようと思います。

センターからUbunto14.04LTSのイメージをダウンロードして、DVDに焼いて用意完了。

NUCをHDMIで家庭用TVに繋いで、USBのキーボードとマウスを取り付け、USBのDVDドライブをフロントに差し込んで使います。

電源を入れるて、F2キーを押すとBIOSが出てきますが、何かのブログでBIOSをレガシーモードに切り替えた方が良いと聞いたので、切り替えました。

おっと!その前にBIOSのバージョンアップをしなければ!あらかじめダウンロードしてあったファイルをUSBメモリーのカレントに入れて、電源起動時にF7を押すとBIOS専用アップグレード画面が出てきます。

私の場合はバージョン047にアップしておきました。

Ubuntuを無事入れ終わったので立ち上げてみると、このバージョンであればWiFiもBluetoothも両方ともきちんと認識して動作するようです。

ただWiFiの挙動が少しおかしいので、結局BIOSをレガシーモードからUFEIモードに切り替えて(BIOSを初期化して)使用してみたら、安定して使用できるようになりました。(もちろんOSのアップグレードのおかげかもしれませんが)

後はBluetoothスピーカーのペアリングをして、ネットラジオが聞けるようにして。SSHが使えるようにしてヘッドレス運用が出来るようにしました。

VNCの設定だけがうまく行きません。難しいです。

ところでこのNUC。カタログスペックではCPUはN2820でメモリアクセス速度は1066MHzのはずなんですが、BIOSで確認したら、CPUがN2830で、アクセスが1333MHzになっているんです。

隠れバージョンアップだと思いますが、得した気分です。

こんな感じです

========================================================================
   BYTE UNIX Benchmarks (Version 5.1.3)

   System: nuc27: GNU/Linux
   OS: GNU/Linux -- 3.13.0-46-generic -- #77-Ubuntu SMP Mon Mar 2 18:23:39 UTC 2015
   Machine: x86_64 (x86_64)
   Language: en_US.utf8 (charmap="UTF-8", collate="UTF-8")
   CPU 0: Intel(R) Celeron(R) CPU N2830 @ 2.16GHz (4333.0 bogomips)
          Hyper-Threading, x86-64, MMX, Physical Address Ext, SYSENTER/SYSEXIT,

SYSCALL/SYSRET, Intel virtualization
   CPU 1: Intel(R) Celeron(R) CPU N2830 @ 2.16GHz (4333.0 bogomips)
          Hyper-Threading, x86-64, MMX, Physical Address Ext, SYSENTER/SYSEXIT,

SYSCALL/SYSRET, Intel virtualization
   11:28:48 up 21 min,  2 users,  load average: 0.01, 0.07, 0.05; runlevel 2

------------------------------------------------------------------------

CPUの動作中の温度は35度前後のようです。

では恒例のUnixBenchやってみましょう。

========================================================================
   BYTE UNIX Benchmarks (Version 5.1.3)

   System: nuc27: GNU/Linux
   OS: GNU/Linux -- 3.13.0-46-generic -- #77-Ubuntu SMP Mon Mar 2 18:23:39 UTC 2015
   Machine: x86_64 (x86_64)
   Language: en_US.utf8 (charmap="UTF-8", collate="UTF-8")
   CPU 0: Intel(R) Celeron(R) CPU N2830 @ 2.16GHz (4333.0 bogomips)
          Hyper-Threading, x86-64, MMX, Physical Address Ext, SYSENTER/SYSEXIT,

SYSCALL/SYSRET, Intel virtualization
   CPU 1: Intel(R) Celeron(R) CPU N2830 @ 2.16GHz (4333.0 bogomips)
          Hyper-Threading, x86-64, MMX, Physical Address Ext, SYSENTER/SYSEXIT,

SYSCALL/SYSRET, Intel virtualization
   11:28:48 up 21 min,  2 users,  load average: 0.01, 0.07, 0.05; runlevel 2

------------------------------------------------------------------------
Benchmark Run: 水  3月 04 2015 11:28:48 - 11:56:42
2 CPUs in system; running 2 parallel copies of tests

Dhrystone 2 using register variables       24281649.5 lps   (10.0 s, 7 samples)
Double-Precision Whetstone                     4085.4 MWIPS (10.0 s, 7 samples)
Execl Throughput                               4049.8 lps   (29.9 s, 2 samples)
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks        503924.4 KBps  (30.0 s, 2 samples)
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks          135606.2 KBps  (30.0 s, 2 samples)
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks       1237788.1 KBps  (30.0 s, 2 samples)
Pipe Throughput                             1911460.2 lps   (10.0 s, 7 samples)
Pipe-based Context Switching                 211478.8 lps   (10.0 s, 7 samples)
Process Creation                              10353.2 lps   (30.0 s, 2 samples)
Shell Scripts (1 concurrent)                   5331.8 lpm   (60.0 s, 2 samples)
Shell Scripts (8 concurrent)                    828.9 lpm   (60.1 s, 2 samples)
System Call Overhead                        2799119.1 lps   (10.0 s, 7 samples)

System Benchmarks Index Values               BASELINE       RESULT    INDEX
Dhrystone 2 using register variables         116700.0   24281649.5   2080.7
Double-Precision Whetstone                       55.0       4085.4    742.8
Execl Throughput                                 43.0       4049.8    941.8
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks          3960.0     503924.4   1272.5
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks            1655.0     135606.2    819.4
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks          5800.0    1237788.1   2134.1
Pipe Throughput                               12440.0    1911460.2   1536.5
Pipe-based Context Switching                   4000.0     211478.8    528.7
Process Creation                                126.0      10353.2    821.7
Shell Scripts (1 concurrent)                     42.4       5331.8   1257.5
Shell Scripts (8 concurrent)                      6.0        828.9   1381.5
System Call Overhead                          15000.0    2799119.1   1866.1
                                                                   ========
System Benchmarks Index Score                                        1176.2

coretemp-isa-0000
Adapter: ISA adapter
Core 0:       +35.0°C  (high = +105.0°C, crit = +105.0°C)
Core 1:       +37.0°C  (high = +105.0°C, crit = +105.0°C)

RasPi2がインデックス430だったので、対比すると2.73倍早くなっている状態です。

微妙な所ですかね。

いずれにしても始めて触るシステムなので、ゆっくり遊んで行こうと思います。

つづく・・・

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
現在の閲覧者数: