07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

かずべい

Author:かずべい
かずべいのヘリライフへようこそ!
まだまだ初心者ですが楽しんでます。
所有機
T-REX450PRO(パチ物ばーかり)
・HKTAROT450-3GX
・TAROT450-3GX
・T-REX450L(3セル)
T-REX500EFL
T-REX550E(V2改)
T-REX600EFL
MultiCopter
・500mmY3 Tricopter type
・500mmFPV-Quad-X Type
JR Voyger50(エンジン機)
Walkela GeniusCP/V2
Phantom

最新記事

最新コメント

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

来訪者数

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RaspberryPiとWindowsでファイル共有する

2014.11.11 23:49|パソコン
ラズパイ(Linux)とWindowsの間で、ネットワークを利用してファイルのやり取りをして見たいと思って、セッティングしてみた。

セッティングと言ってもラズパイ側に「Samba」と言うプログラムを導入して、動作させるだけで願いはかないます。

まずSambaのインストールをやります。

$ sudo apt-get install samba

しばらくしたらインストールが終わって勝手に動き出します。

次はSambaのcnfファイルの一番最後に書きパラメーターを書き込みます。

$ sudo vi /etc/samba/smb.conf  <=これでファイルを開きます。

パラメーターは以下の通りです。
[MYDRIVE]    <=ここは好きな名前にすれば良い
comment = Mydrive
read only = no
locking = no
path = /
guest ok = yes
force user = pi

ViなのでESCを押した後で「:wq」と入力すれば保存後終了できます。

最後にSambaをリスタートさせましょう。

$ sudo service samba restart

これで作業は終了です。一旦動き出したSambaはラズパイをシャットダウンさせても、次回は自動で動きだしますから安心です。

つぎにWindows側の操作手順ですが、2つの方法があります。

1つ目はIPアドレスを入力してやる方法です。

したの写真のようにマイコンピュータを開いて、直接入力してやります。

Window1_R.jpg 

そうするとラズパイの中身を見ることが出来ます。

もう一つの方法はマイコンピュータのネットワークでサーチすると、ラズパイのアイコンが出てきます。

下がその時の写真です。

Window2_R.jpg 

ただ、この方法を使うと、アイコンが出てきたり出てこなかったりすることがあるので、出てこなければ1つ目の方法を使うと良いと思います。

以上、自分が忘れないようにアップしておきます。

つづく・・・

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
現在の閲覧者数: