05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

かずべい

Author:かずべい
かずべいのヘリライフへようこそ!
まだまだ初心者ですが楽しんでます。
所有機
T-REX450PRO(パチ物ばーかり)
・HKTAROT450-3GX
・TAROT450-3GX
・T-REX450L(3セル)
T-REX500EFL
T-REX550E(V2改)
T-REX600EFL
MultiCopter
・500mmY3 Tricopter type
・500mmFPV-Quad-X Type
JR Voyger50(エンジン機)
Walkela GeniusCP/V2
Phantom

最新記事

最新コメント

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

来訪者数

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RaspberryPi用のキャラクターLCD

2014.10.30 19:45|パソコン

RaspberryPi用にキャラクターLCDキットが発売されていた。

Arduinoなんかでよく使うLCDをボードに仕上げて、GPIOを使ってI2Cで制御する物です。

値段も安くて、2900円ぐらいです。

こんな感じのものです。


下にラズパイがあります。

ただ、このLCDキットですが、ネットでの情報がかなり少なく、組み立て方も本家の英語のページを見て作らないといけません。

そこで、少しでも情報を公開すべく組み立て方を紹介しようと思ったのですが、肝心の写真を撮り忘れてしまったので、ブログにすることが出来なくなってしまいました。(すみません)

ただ組み立ては非常に簡単で、注意点は右上の抵抗ですが、真ん中が330Ωで両サイドとも220Ωを取り付けます。

あとはICの向き(きりかきの方向)を間違えないようにすることぐらいです。

後の部品は全て勝手に位置が決まってしまうので、間違えようが無いでしょう。

一応本家のURLです=>learn.adafruit.com/adafruit-16x2-character-lcd-plus-keypad-for-raspberry-pi/assembly

サンプルのプログラムも公開されていますので、すぐチェックできます。

ただ6つぐらいサンプルがあるのですが、動いたのは1つだけでした。

それとプログラムは全てPYTHONで書かれているので、C言語での動かし方の参考が見つかりませんでした。

仕方ないのでPYTHONを少し勉強しましょうか・・・

ちょっとだけ勉強したので、サンプルのプログラムをアップしておきます。

#!/usr/bin/python
# Example using a character LCD plate.
import math
import time
import datetime

import Adafruit_CharLCD as LCD

#if __name__ == "__main__":

# Initialize the LCD using the pins
lcd = LCD.Adafruit_CharLCDPlate()

# create some custom characters
#lcd.create_char(1, [2, 3, 2, 2, 14, 30, 12, 0])
#lcd.create_char(2, [0, 1, 3, 22, 28, 8, 0, 0])
#lcd.create_char(3, [0, 14, 21, 23, 17, 14, 0, 0])
#lcd.create_char(4, [31, 17, 10, 4, 10, 17, 31, 0])
#lcd.create_char(5, [8, 12, 10, 9, 10, 12, 8, 0])
#lcd.create_char(6, [2, 6, 10, 18, 10, 6, 2, 0])
#lcd.create_char(7, [31, 17, 21, 21, 21, 21, 17, 31])

# lcd.message('YELLOW \x04')
lcd.set_color(1.0, 1.0, 0.0)
lcd.clear()
lcd.message('Raspberry Pi\n')
lcd.message('Kazuaki Sako')
time.sleep(5.0)

# Show date & time
i = 0
lcd.set_color(0.0, 1.0, 1.0)
while i < 10:
    lcd.clear()
    today = datetime.date.today()
#   print today
    d = datetime.datetime.today()
    tim = d.strftime("Date %Y/%m/%d\nTime  %H:%M:%S")
    lcd.message(tim)
    time.sleep(5.0)

これを動かすには次のコマンドを入力してください。

$ sudo python lcd_test.py

これで液晶に表示が出るはずです。

また、このプログラムはバックグラウンドでも動作しますので、次のコマンドを入力してください。

$ sudo python lcd_test.py &

動作させると、4桁の数字が出てきますので覚えて置いてください。

動作が開始すると、ラズパイだけが時計を刻んでいます。当然その間は他の作業が出来ます。

バックグラウンドのプログラムを止めるのは次のコマンドです。

$ sudo kill XXXX

XXXXはさっき出てきた4桁の数字です。

ちなみにlcd_test.pyは私が勝手に決めたファイルネームですので、お好きに変更していただいてもかまいませんよ。

以上、本日はここまで。

つづく・・・

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
現在の閲覧者数: