09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

かずべい

Author:かずべい
かずべいのヘリライフへようこそ!
まだまだ初心者ですが楽しんでます。
所有機
T-REX450PRO(パチ物ばーかり)
・HKTAROT450-3GX
・TAROT450-3GX
・T-REX450L(3セル)
T-REX500EFL
T-REX550E(V2改)
T-REX600EFL
MultiCopter
・500mmY3 Tricopter type
・500mmFPV-Quad-X Type
JR Voyger50(エンジン機)
Walkela GeniusCP/V2
Phantom

最新記事

最新コメント

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

来訪者数

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電子工作用便利グッズ

2014.01.18 20:55|工作
自分的には難しい作品を作成後なので、大変満足して充実しております。

しかしながら作成していて、こんなものがあったら楽だろうなと思って、ネットを徘徊していたらこんな物がありました。

まず一つ目がサンハヤトから発売されている「ピンそろった」です。
URL=>eleshop.jp/shop/g/gB2N367/



ICを見たことがない方はご存じないと思いますが、ICは購入時ハの字型に広がっているのです。なぜそうなのかは知りませんが、それが8ピンであろうが28ピンであろうが全てがそうです。

これをそのままでは基板にもICソケットにもはまりません。

それを約90度に揃えてくれるグッズです。

実際の使用例を紹介します。

DSC01323_R.jpg 

こちら側が表面で、300milのIC用に使用します。

商品説明では、こちらの面は「表面:300MIL幅 8~20pinのICに対応」と書いてありますが、28ピンやそれ以上のピンでも使用できます。(たぶん実在はしませんが40ピンぐらいまではまると思います)

裏面は600mil用に幅広になっています。

整形前のICです。このようにハの字型になっています。

DSC01324_R.jpg 

こんな感じでわずかですがハの字型に広がっているので、基盤やICソケットに挿したりすることが出来ません。

そこでICをこのようにセットします。

DSC01325_R.jpg 

端っこに寄せていますが、別に真ん中でもかまわないと思います。

ICを抑えながらぐいっと握りつぶすと作業完了です。(バネが入っているので通常は開いたままです)

整形後のICです。

DSC01326_R.jpg 

見事に90度に整列しています。

ちなみにこの治具は新品のICだけではなく、不用意に曲げてしまったICにも適用可能です。
(ただし横方向には揃えてくれないので、ラジオペンチなどで整形するしかないと思います)

特に28ピンぐらい長さがあれば、両サイドをつかんで、机などの平たい所で押し付けて曲げることも可能ですが、良く使用する8ピンクラスのICだと握りにくくて、押し付けるのもコツがいりますが、これを使うと簡単に整形することが可能です。

なかなか面白いものを購入して満足です。

次は抵抗などの部品類の足曲げ機「リードベンダー」です。

これもサンハヤトから発売されています。
URL=>eleshop.jp/shop/g/g628311/



加工例では抵抗だけですが、トランジスターも対応しています。(TO92パッケージのみ)

こんな感じのものです。

DSC01327_R.jpg 

差し込む溝によって、2.54~30mmピッチの13段階に直角に折り曲げられ、フォーミング加工も出来るように丸い溝が機ってあります。

もちろんリード線型のものであれば、ダイオード等にも使用できます。

DSC01328_R.jpg 

このように部品の足を溝に合わせて這わせるだけで、指定のピッチで曲げることが可能です。

また同梱してあるピンを利用して裏から丸い所を、押してやるとフォーミング加工も簡単に整形することが出来ます。

DSC01329_R.jpg 

フォーミング加工された部品の用途は、初心者の私には分かりませんが、昔のラジオなどを開けてみるとこんな風になった部品があった事を、なんとなく覚えています。

次はトランジスターの例です。

DSC01330_R.jpg 

このように差し込んで裏から左右のリード線を広げていきます。

DSC01331_R.jpg 

部品が小さいので、ちょっとやりにくいです。

出来上がるとこんな風になります。

DSC01332_R.jpg 

広がりすぎているのは、基盤に差し込んだときにテンションをかけて、ハンダ付けする前にすっぽ抜けないように配慮しているとの事です。

以上無くてもかまわないが、あれば便利な治具グッズ2点の紹介でした。

つづく・・・

テーマ:ホビー・おもちゃ
ジャンル:趣味・実用

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
現在の閲覧者数: