07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

かずべい

Author:かずべい
かずべいのヘリライフへようこそ!
まだまだ初心者ですが楽しんでます。
所有機
T-REX450PRO(パチ物ばーかり)
・HKTAROT450-3GX
・TAROT450-3GX
・T-REX450L(3セル)
T-REX500EFL
T-REX550E(V2改)
T-REX600EFL
MultiCopter
・500mmY3 Tricopter type
・500mmFPV-Quad-X Type
JR Voyger50(エンジン機)
Walkela GeniusCP/V2
Phantom

最新記事

最新コメント

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

来訪者数

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Arduinoで始めて組み込み工作をやってみました。

2014.01.08 20:18|工作
以前からブログにも紹介している、モバイルバッテリーの実行率を計測するのに、USBの電流を測定して積算するようなものがないかと、探していましたが、なかなか思うようなものがないんです。

唯一これがその機能を持っていますが、電流が最大で1Aまでというのがネックで、使えません。


これはバッテリー側と、充電される機器の間に挟みこんで使用します。

SWの切り替えで、今の消費mAh(最大999mAh)と、積算の数値A(999A)を切り替えて表示してくれます。

まさにこれが私の必要とするものですが、今は通常スマホやタブレットを充電するのには、2.1Aの容量で充電しますので、これでは使えません。

そんなことを考えながらネットはいかいしていたら、なんとArduinoを使用して自作している方がいらっしゃいました。
URL=>radiopench.blog96.fc2.com/blog-entry-392.html(リンク先には許可を取ってあります。)

これなら私の希望通りのことが可能なため、早速HPから回路図を印刷して、Arduino用のスケッチも公開してくださっているので、ダウンロードして、用意をしました。

必要な部品が揃ったので、ユニバーサル基板を使って、一つづつ確認をしながら回路図通りに部品を付けていきました。

簡単そうに見える回路図ですが、私にとってはまるでスパゲッティーのようで、出来上がるのに2日間もかかりました。

出来上がりの様子です。

DSC01310_R.jpg 

ユニバーサルボードはもう少し切断する予定です。

表示は12768となっていますが、分解能が0.1mAhのため1276.8mAhが正解です。

製作者様のものには6と8の間に「.」が入っているのですが、私の場合は表示されませんでした。

おそらく表示装置が当時のものと仕様が変わっているのでしょう。

ちなみにこの表示装置はダイソーなどで販売している「歩数計」です。

非常に丁寧な解説で、これの改造方法も解説されています。

しかし同じものが近所のダイソーとか100均の店を探してみましたが見つからず、ネットで探していたら見つけることが出来ました。
私はここで購入しました。
URL=>store.shopping.yahoo.co.jp/kawauchi/2gro55001.html

もちろん1個105円です。念のために2個買っておきました。

後はCPUへのスケッチ書き込みですが、以前紹介した「ユニバーサルの」を使って書き込みしました。

これです。

univerkit_R.jpg

これだとCPUがソケットから取り外ししやすいので、書き込み後に交換が簡単です。

全部接続が終わって最初に電源投入時が、一番緊張します。

こんな小さなものでもショートさせていたら「パンッ!」、その後煙が「モワ~」・・・

しかし一発OKでした。(もう私は感動して思わず「やったー!」と声を出してしまいました。)

しかし最初ピリオドがなかったため、積算値がでたらめだと勘違いして、ちょっとショックでした。

出来上がりの基板です。

DSC01311_R.jpg 

本家の製作者の方はこの4分の1ぐらいの基板で作っていますが、私の技量ではこれが精一杯です。

その後右側の余白部分を切り取って、8cm四方にまとめることが出来ました。

後はまた100均に行って、収める箱を見つけようと思います。

ただこの積算計には大きな弱点がありました。

目的の機器への充電が完了しても、積算が自動で止まらない弱点がありました。

積算が自動で止まらないのではなく、充電完了後でも充電される機器側には微小ながらも電流が流れ続けているので、カウンターは止まることなく積算を続けていきます。

そこらへんは、チェック中目を離さないようにして、完了のタイミングで数値を読み取るようにするか、スケッチを見直して、改造するか(私に出来るでしょうか・・・)これから考えようと思います。

最後にこんな素敵な回路を公開してくださった「ラジオペンチ様」に、この場をお借りしてお礼を申し上げます。

つづく・・・


PS.100均に行って良さそうなアクリルケースを、買ってきたので組み込んでみました。

本当はもっとちゃんとしたケースが欲しかったのですが、それなりに組み込めたので良しとします。

こんな感じに仕上がりました。

DSC01312_R.jpg 

歩数計の形に穴を開けるのが、大変でしたがそれらしく取り付けできました。

アクリルケースなので、歩数計は瞬着で四隅をとめて裏からグルーガンを使ってホットボンドで固定してあります。

本当はケーブルもホットボンドで固定したかったのですが、ちょっとバージョンアップを考えているので、まだ固定はしていません。

うまく行ったらまたアップします。

またまたつづく・・・


テーマ:ホビー・おもちゃ
ジャンル:趣味・実用

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
現在の閲覧者数: