05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

かずべい

Author:かずべい
かずべいのヘリライフへようこそ!
まだまだ初心者ですが楽しんでます。
所有機
T-REX450PRO(パチ物ばーかり)
・HKTAROT450-3GX
・TAROT450-3GX
・T-REX450L(3セル)
T-REX500EFL
T-REX550E(V2改)
T-REX600EFL
MultiCopter
・500mmY3 Tricopter type
・500mmFPV-Quad-X Type
JR Voyger50(エンジン機)
Walkela GeniusCP/V2
Phantom

最新記事

最新コメント

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

来訪者数

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ArduinoにLCDをつなげる実験。

2013.12.22 14:54|工作

ちょっといじりだしたら面白くなってきたので、続けてアップします。

キットにはあらかじめ、16X2行の液晶が入っていますが、新しく追加で購入した書籍に、コントロールのやり方が記載されていました。

ちょっと型番は違うのですが、応用を利かせて接続させて点灯試験をやってみました。

案の定最初は動きませんでした。

配線の再確認をしても問題なし。もしやと思いボリュームを絞ってみたら、映り出しました。

書籍の指定では10KΩの半固定抵抗を使用するようになっているのですが、キットに付属しているものは50KΩのボリュームだったので、抵抗値が高すぎたのが原因でしょう。

多少部品を揃えて置かないとこんなときに苦労しますね。

とりあえずお決まりの練習「Hello World」の実験は成功しました。

次は好きな文字を表示させて、1秒ごとに数字が増える行と、減る行の2行表示にチャレンジしてみました。

後は味付けに1秒ごとに数字が変わるのと同時に、LEDを「ピカッ」と光るようにしてみました。

スケッチはこんな感じです。

#include <LiquidCrystal.h>

#define LED_PIN1 4

LiquidCrystal  lcd = LiquidCrystal( 5,6,7,8,9,10,11);

void setup()
{
  lcd.begin(16,2);
  lcd.clear();
  lcd.setCursor(0,0);
  lcd.print("UP => ");
  lcd.setCursor(0,1);
  lcd.print("DN => ");
}

void loop()
{
  int up;
  int dn;
  up = 0;
  dn = 10000;
 
  for(up=0;up<10000;up++){
    dn = dn - 1;
    lcd.setCursor(6,0);
    lcd.print(up);
    lcd.setCursor(6,1);
    lcd.print(dn);
    digitalWrite(LED_PIN1,HIGH);
    delay(100);
    digitalWrite(LED_PIN1,LOW);
    delay(900);
  }
}

Arduinoをやっている方が見たら、「つまらんスケッチ!」とか「簡単だね!」とか言われそうですが、私にとってはちょっとした感動でした。

ついでに動作している様子の動画です。



ちゃんと動いて感動でした。

また何か感動したらアップします。

つづく・・・


テーマ:ホビー・おもちゃ
ジャンル:趣味・実用

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
現在の閲覧者数: