05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

かずべい

Author:かずべい
かずべいのヘリライフへようこそ!
まだまだ初心者ですが楽しんでます。
所有機
T-REX450PRO(パチ物ばーかり)
・HKTAROT450-3GX
・TAROT450-3GX
・T-REX450L(3セル)
T-REX500EFL
T-REX550E(V2改)
T-REX600EFL
MultiCopter
・500mmY3 Tricopter type
・500mmFPV-Quad-X Type
JR Voyger50(エンジン機)
Walkela GeniusCP/V2
Phantom

最新記事

最新コメント

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

来訪者数

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

600W電源の大改造

2013.06.26 21:22|パーツ全般
だいぶ前になるんですが、ラジコン用のLiPoの充電器を大型の物を買い足したため、電源も大型に変更しました。

1回目に買ったものはホビキンでHP上では「110~240V対応」と書いてあったのに来て見たら、「180V~240V」と書いてあったんです。

もちろんホビキンに文句のメールを入れたんですが、「お前の言っていることは訳が分からん。HPを良く見て買いなさい。交換は出来ないよ!」と、冷たくされたのでもう一度HPを確認したら「180V~240V」に書き換わっていた。

さすがは〇国人、やることがやらしい!(その後電源も入らんようになったので捨てました)

気を取り直して、次はこんなのにしました。

HK600W_R.jpg 

600Wで電圧は17Vのタイプです。

しかもは小型なので上に充電器本体を置いたりしやすそうなので、気に入っちゃいました。

裏にはちゃんとこれが付いてます。

HK600W-2_R.jpg 

電圧切り替えSWが付いていますので、絶対に日本で使えます。「110V~240V対応」

気に入って機嫌よく使っていたんですが不満が2点出てきました。

1.アウトプットが1系統しかない。

2.電力量計が無いので、どれぐらい電力を使っているのかが分からない。

またそれらを考えに入れて新しい物を探してみたんですが、なかなか無いんですよこれが・・・

無いんなら改造してまえ!

と、言うわけで完成しました。

こんなんなっちゃいました。

DSC00557_R.jpg 

アウトプットは穴をぶち開けて、もう一系統並列に内部でつないでいます。

電力系はワットメーターを出力系の途中に挟み込んで、フロントパネルに穴をぶち開けて取り付けました。

使った部品はこれです。

ワットメーター

HK-P0_R.jpg 

これまたホビキンオリジナルです。後から思ったけど、バックライトが欲しかったかな・・・

追加の端子は全く同じ物が共立電子で売られてました。

lgstb77jrd.jpg 

1個300円です。共立電子はよく利用するのですが、これぐらいの物だと、メール便で送料が180円なので、電車賃よりだいぶ安くつきます。

動作イメージです。

まず電源ON時のワットメーターです。

DSC00558_R.jpg   

電圧は17.14V、電流は0A、電力も0Wh。THR002%と言うのが何か分かりません。(知ってる人コメしてくださ~い)

このときのコンセント側のワットメーターはこうなってます。

DSC00556_R.jpg  

12Wh消費しています。先ほどは書いていませんが、すでに充電器の電源は入れていますので、先ほどのワットメーターの表示は何なんでしょうか?(何故0Whなのだろう?)

次に実際に3セル2200mAhほどのバッテリーを4.4A(2C)で充電している所です。

DSC00563_R.jpg 

ちゃんと電力が上がりましたね。THRも006%に上がっていますね。(本当何なんでしょう?)

このときのコンセントのワットメーターです。

DSC00561_R.jpg 

やっぱりずいぶん違いますね。電源内での効率損失もあるのでこちらが高くなって正解です。

ちなみに充電器はこんなのを使用しています。

20613-main_R.jpg 

400W出力で同時に2本独立して充電できます。日本ではHiTECが作っている物をTURNIGY(ホビキンの別名)がハクッた物です。基本性能はHiTECの物と全く同じです。(でも部品は多分安物を使ってると思うので故障も早いと思いますよ)

これの充電中の画面です。

DSC00562_R.jpg 

3セル2200mAhを2C(2倍)充電していますので、4.4Aになっていますね。

そのまま計算すると、4.4AX11.82V=52Whになりますが、66.9Whの表示が出ていましたのでその差分のやく15Whは充電器本体の消費量なのか、ただ単にこのワットメーターが適当だったのかは分かりませんが、絶対にいくらかはワットメーターの方が大きくなるはずです。

元々ワットメーターをつけた理由は今どれぐらい消費しているかを知りたかっただけで、正確な数値は必要ありません。

どうせ安物の電源ですからもし最大の600Wを超えたときの保護機能なんか付いてないと思うので、その保護対策でつけたのが目的です。

中身を見たらびっくりしますが、半田付けは大雑把だし、ヒューズらしき物は付いてないし・・・

 てなわけで、改造時間約2時間で当初の目的は達成できました。(あ~満足!)

後は、このワットメーターは本来こんな使い方をする物ではないので、いつ壊れるかですね。

ちなみにこの記事を書きながらさっきの充電をやり続けていたら充電終了してました。

THRは026%になっていました。当然ですが、0Wh、0A、になっていました。

めでたし!めでたし!

つづく・・・

テーマ:ホビー・おもちゃ
ジャンル:趣味・実用

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
現在の閲覧者数: