07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

かずべい

Author:かずべい
かずべいのヘリライフへようこそ!
まだまだ初心者ですが楽しんでます。
所有機
T-REX450PRO(パチ物ばーかり)
・HKTAROT450-3GX
・TAROT450-3GX
・T-REX450L(3セル)
T-REX500EFL
T-REX550E(V2改)
T-REX600EFL
MultiCopter
・500mmY3 Tricopter type
・500mmFPV-Quad-X Type
JR Voyger50(エンジン機)
Walkela GeniusCP/V2
Phantom

最新記事

最新コメント

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

来訪者数

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モバイルバッテリーその後

2013.03.27 22:05|パソコン

2つのモバイルバッテリーを購入して見て、双方チェックをして見ているのだが、商品によって結構ばらつきがあることがわかった。

61pmDnsxlbL__AA1024__R_20130327215831.jpg 
こっちが最初に買った1980円で12000mAhのバッテリーである。

こっちに関してはこれが標準なのか、とりあえず外れである。

61ntsUqNlKL__AA1200__R_20130327215829.jpg 
こっちが次に買った2980円で10400mAhのタイプである。

こちらに関しては少し効率が良いようで、そういう意味では当たりではないかと思う。

これらを買ってから一週間ぐらいいろいろチェックをして見たので、一覧表にしてまとめて見ます。

実験結果===

===========================================
スマホ   2210mAh(カタログデーター値)
タブレット 4325mAh(カタログデーター値)
スマホ(1A) 1460mAh(カタログデーター値)
===========================================

前モデル(12000mAh=>予想効率70%=>8400mAh?)

2013年3月19日
スマホ   50%(1150mAh)     1150mAh

タブレット 44%(2400mAh)    3550mAh

2013年3月20日
スマホ   59%(943mAh)     4493mAh

2013年3月21日
スマホ   32%(736mAh)     5229mAh<=最終の充電量

推定電力量     5229÷12000=43.5(実効率)

------------------------------
12000mAhのタイプをもう1回実験してみる

3月24日
タブレット 37%(1600mAh)    1600mAh
スマホ    4%(88mAh)      1688mAh

3月25日
タブレット 39%(1686mAh)    3374mAh

3月26日
タブレット 36%(1557mAh)    4931mAh

3月27日
タブレット 20%(865mAh)     5796mAh
タブレット 10%(432mAh)     5363mAh<=最終の充電量

推定電力量     5363÷12000=44.7(実効率)

やはり最初の容量との差は誤差の範囲でしかない。このバッテリーのキャパは44%
ぐらいと判断できる。あまり効率の良いバッテリーとはいえないだろう。

==============================

新型(10400mAh=>予想効率70%=>7280mAh?)

3月22日
スマホ   45%(994mAh)      994mAh
タブレット 29%(1254mAh)    2248mAh
ヘッドフォン   (50mAh)      2298mAh
スマホ    6%(132mAh)     2430mAh

3月23日
スマホ   45%(994mAh)     3424mAh
タブレット 35%(1514mAh)    4938mAh
スマホ   10%(220mAh)     5158mAh

3月24日
スマホ   54%(1193mAh)    6351mAh
タブレット 41%(1773mAh)    8124mAh
タブレット  4%(173mAh)     6178mAh<=最終の充電量

推定電力量     6178÷10400=59.4(実効率)

ただしこの実験時は、バッテリーを完全に充電しきってなかったことを
踏まえた結果である。

------------------------------

新型の第2回目のチェック

3月25日
スマホ   38%(840mAh)      840mAh
スマホ    6%(133mAh)      973mAh

3月26日
スマホ   54%(1193mAh)    2166mAh

3月27日
スマホ   65%(1437mAh)    3603mAh
ヘッドフォン   (100mAh)     3703mAh
タブレット 14%(606mAh)     4309mAh
スマホ(1A) 41%(598mAm)     4907mAh
スマホ    2%(44mAh)      4951mAh

3月28日
タブレット 22%(951mAh)     5902mAh
スマホ   40%(884mAh)     6786mAh
スマホ   24%(530mAh)     6432mAh<=最終の充電量

推定電力量     6478÷10400=62.3(実効率)

今度は完全に充電したので、少し実効率が上がっている。

と、言うように一口にモバイルバッテリーと言っても実効率にはずいぶん差があるのがわかった。

たぶん相当効率のよいバッテリーでも65%ぐらいの効率しかないのではないのだろう。

しかし今回の効率チェックで、スマホなら4~5回は充電できることが確認できた。


つづく・・・

テーマ:ホビー・おもちゃ
ジャンル:趣味・実用

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
現在の閲覧者数: