09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

かずべい

Author:かずべい
かずべいのヘリライフへようこそ!
まだまだ初心者ですが楽しんでます。
所有機
T-REX450PRO(パチ物ばーかり)
・HKTAROT450-3GX
・TAROT450-3GX
・T-REX450L(3セル)
T-REX500EFL
T-REX550E(V2改)
T-REX600EFL
MultiCopter
・500mmY3 Tricopter type
・500mmFPV-Quad-X Type
JR Voyger50(エンジン機)
Walkela GeniusCP/V2
Phantom

最新記事

最新コメント

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

来訪者数

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Scorpion完成!

2012.10.14 20:37|マルチコプター
かねてから予告していたScorpionがやっと完成しました。

今までのマルチコプターの中で、一番大変でした。作るの好きー!の私でさえ根を上げかけました。

前の記事でも書いたと思うんですが、この機体は機能性やメンテナンス性を全く考えていません。

オールプラスティックですから、強く握るとメキメキ音がして割れてしまうし、いつ折れてもおかしくないスキッドですし。

折れて修復できなくなったら、同じものをグラスファイバーで作っているホビキンの部品と交換でもいいかなっと思います。

では、全体図の写真です。(この写真からはこの前買ったSONYのNEWコンデジで撮影しています)

DSC00015_R.jpg 

前の2本の腕は折りたたむことが出来ます。

DSC00016_R.jpg 

最初の構想では、ESCを全て本体内に収納して、モーターへ行く3本のケーブルのみアルミパイプの中を通して、見た目スッキリを狙っていたんですが、なんとどうやってもESC6個を収納するスペースが無いんです。

それで仕方なくESCへ行く動力用のケーブルと、信号線を延長してESCはモーターの、すぐ近所に取り付けることに計画を変更しました。

アルミパイプを通って出てくる線たちです。

DSC00017_R.jpg 

入れるの大変でした!

動力用のケーブルはESCと同じ16AWGのケーブルを使用して、ESCのすぐ後ろから直ハンダ方式で繋いでます。信号線はサーボリードの自作キットを購入していましたので、好きな長さで作ることが出来ました。

変に腕が動くギミックが付いているから、腕を動かしたときにケーブルを噛み込まず、出来るだけ線が余らないように配線をしました。

各ESCに出力する電源分配については、ホビキンでこんなものを見つけていたので、FCボードの真裏に同じネジで固定しています。

27035-2_R.jpg 

一応オクトコプター用の分配器ですが、このうち6本だけを使用しています。
(ただ、この分配器は一つのチャンネルで最大10Ahまでしか許容していないため、それを超したらどーなるんでしょうか?)

次は最も苦労したモーター&ESC付近の写真です。

DSC00018_R.jpg 

ESCのケーブル処理です。(もーこれ以上は考えられなかったんです。許してください!)

DSC00019_R.jpg 

何とか不完全燃焼とは言え出来上がったので、早速浮かして見ようと最終点検していたら、モーターの配線を間違えていることに気が付きました。

モーターのローテーションですが、上から見て上についているモーターは全て逆回転。そして下についているモーターは正回転です。私はどちらのモーターもモーター側から見て正逆を見ていたんですが、よく考えたら、下のモーターはモーターの裏から見て正回転にしないとだめなんです。
ところが私はモーター側から見て正回転にしていたので、結果上下どちらのモーターも逆回転になっていました。

結論は上も下もモーターリードの接続は逆回転に接続しないとダメなんです。

次に出てきたのが下のモーター用のペラです。正逆どちらを付けたらいいのか?とりあえず上のモーターには逆回転用、下のモーターには正回転用を取り付けました。

ここまでで問題点をつぶしたつもりで、早速初飛行です。もちろんその前にFCボードの設定は済ませてあります。

広い部屋に持って来ていざ発進!!

浮かない!スロットルカーブが問題かなと思ってチョイ修正。また浮かない!

浮かないどころかモーターの回転が今迄で聞いたことが無いぐらい回転しています。

しばし休憩を取って考えて見ました。「やっぱり下側のペラに問題があるんや!」

と、言うことで作業部屋にて色々シュミュレートした結果、正解転用のペラを裏返しにしてモーターに取り付けないとペラが正常に下向きの風を出せないことが分かって、取り付けなおして再度発進!!

浮いたー!浮いたでーー!


やっと普通に浮き始めました。ただ設定がまだなので、コントロール不可能なぐらいむちゃくちゃです。

PIエディターを色々触って見ましたが、あまり効果なし。

ふと、この前の事例を思い出して、ペラのサイズとちゃうかと思い始めてます。幸い12x4.5のペラを数セット分買っていましたので、届くのを待ってここからの調整をやって見ます。

最後に・・・
このScorpionを使おうと思ったら、覚悟しなはれ!結構大変でっせ!


でも、出来上がった機体を見ていると、買って良かったかな?!と、思う私が居たりして・・・

ちなみに今回購入したScorpionのキットですが、2箇所で違うものが発売されていますので、紹介しておきます。

今回私が買ったほうのキットです。
InfinityHobbyのJETFUN SCORPION-Y650 Quick foldable TriCopter frame set

もう一箇所ありますが、こちらがコピー物だそうです。
HobbyKingのHobbyking Y650 Scorpion Glass Fiber Multi-Rotor Frame 650mm

ちなみにホビキンの方がスペアパーツも充実しているしこっちの方が良かったかなっと思っています。
HobbyKing-Scorpionのスペアパーツです。

また、つづく・・・

テーマ:ホビー・おもちゃ
ジャンル:趣味・実用

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
現在の閲覧者数: