06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

かずべい

Author:かずべい
かずべいのヘリライフへようこそ!
まだまだ初心者ですが楽しんでます。
所有機
T-REX450PRO(パチ物ばーかり)
・HKTAROT450-3GX
・TAROT450-3GX
・T-REX450L(3セル)
T-REX500EFL
T-REX550E(V2改)
T-REX600EFL
MultiCopter
・500mmY3 Tricopter type
・500mmFPV-Quad-X Type
JR Voyger50(エンジン機)
Walkela GeniusCP/V2
Phantom

最新記事

最新コメント

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

来訪者数

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Nexus7 Ver4.3 アップグレード完了!

2013.07.27 18:53|パソコン
24日のプレス発表で、新型のNexus7(2013)が発表された。

アメリカのBestBuyでは、早速予約を受け付けているらしい。

日本はいつから予約を受け付けるのだろうか?もちろん私は買います。

それと同時にAndroid4.3もリリースされて、25日から順次旧型のNexus4,7,10などにアップグレードがされるとのことでした。

しかし待てど暮らせど降って来ませんので、マニュアル操作でやってみたらついにアップグレードが振ってきました。

やり方は以下のとおりです。

1. 設定>アプリ>すべてにあるGoogleサービスフレームワックをタップ。
2. 強制停止をタップ後、データ消去をタップしてOK。
3. 設定>タブレット情報>システムアップデートから更新をチェック。

何度もやってみましたが、今日(27日(土)18:20)にやっと降って来ました。

こんな画面になります。

DSC00595_R.jpg 

久しぶりにこの画面を見ました。(4.2.2以来久しぶりです)

ダウンロードが完了すると次は再起動のボタンが出てきます。

DSC00596_R.jpg 

おなじみの、ドロイド君です。これが出てからアップ終了まで5分近く待ちます。

DSC00597_R.jpg 

下の部分にプログレスバーが出てきますが、真ん中ぐらいで止まってしまうので、失敗かなと思いました。
(私のNexus7はLook解除してあって、Rootも取れているのかどうか分かりませんが、いじくっていますので失敗したのかと思い、内心ひやひや物でした。)

無事次の画面に移りました。

DSC00598_R.jpg 

これは以外と速くて2分ぐらいで終了して自動的に再起動します。

無事4.3にアップ完了しました。ためしにベンチを取ってみたら、「12193」と言うことで、ほんの少し下がったかなーと言う感じです。

それよりもアップしたら三角マークの「ナビ」が消えて無くなってしまっていました。

なんか販権がらみでもめたんですかねー?!

とりあえず新型を買おうっちゅうのにやらねば気がすまないので、これでやっと気が治まりました。

後はきちんと、調べてRoot件取得をがんばってみたいと思います。

本日はここまで!

つづく・・・
スポンサーサイト

テーマ:ホビー・おもちゃ
ジャンル:趣味・実用

FNF ifiveX2 タブレットPCを買ってしまった。

2013.07.24 00:16|パソコン
前から大きな画面のタブレットPCが欲しかったんですが、どれも皆中華タブレットばかりで二の足を踏んでいました。

ところが今は何処の販売店も、日本語化、PLAYストア追加、ROOT権取得・・・等々カスタマイズ済みで出荷していることを知りました。

そこで目に止まったのが、FNFと言うメーカーでifiveX2と言うモデルです。

最新鋭のチップ類で構成されていて、ディスプレイが1920X1200ドット。サイズは8.9インチで決して大きくは無いんですが、解像度に惹かれました。

ちなみにいろいろ調べて分かったんですが、タブレットPCにはブルートゥースが以外についていないことが分かりました。

そのあたりを網羅しているこのifiveX2は売れると思いますよ。

仕様
OSAndroid 4.1
CPURockchip RK3188 Cortex-A9 QuadCore 1.8GHz
GPUMali-400MP4 533MHz
RAMDDR3 2GB
液晶8.9インチIPS液晶:1920x1200 マルチタッチ
wifiIEEE 802.11 b/g/n 最大75Mbps?
内蔵ストレージ16GB
内蔵カメラ前面:200万画素,背面:500万画素
サイズ235×156×8.9mm /460g
バッテリー7200mAh
付属品USBケーブルなど
インターフェース・搭載ハード
MicroSDカードスロット(最大32GB、64GBも一応可)、Bluetooth、HDMI、MicroUSB、ジャイロセンサー

これを見て分かるようにGPSは入っていません。これも搭載している機種はほんのわずかです。

そう考えるとNexus7はすごく充実した内容なんだなーと、改めて思いました。

まずは送ってきた物一式です。

DSC01059_R.jpg 

16GBモデルを注文したんですが、品切れとのことで32GBモデルに変更しました。

DSC01060_R.jpg

32GBモデルにはACアダプタと、ヘッドホンが付いてきます。それとレビューを書いてシールをもらえるようになっていました。

DSC01062_R.jpg 

きれいに包んでありましたよ。

DSC01063_R.jpg 

袋から出してみました。

DSC01066_R.jpg 

きれいな液晶です。販売店で一度開梱して、改造してますので多少汚れてましたが・・・

上の部分です。左からUSB,MicroHDMI、MicroSDのスロット類です。

DSC01068_R.jpg 

下側です。

DSC01067_R.jpg 

ヘッドホン端子があるだけです。

横にしたときの上部です。

DSC01069_R.jpg 

右からリセット、電源、ボリューム(縦にしたとき下側が音量大です。反対なのだ)

裏側です。一番向こうに見えるのがOUTカメラ(500万画素)です。

DSC01070_R.jpg 

このカメラ一応オートフォーカスになっていて、きれいに写りますよ。ただしズームはデジタルズームのみです。

INカメラは200万画素です。こっちはそれなりです。

最初の立ち上げ画面です。

DSC01074_R.jpg 

まだ何にも入っていない状態ですからここから、しこしこインスコに励みました。

そして一通り済ませたら、悪い病気が出てきました。

はじめに入っているのはANDROID4.1.1なんですが、早くも4.2.2が入れられる状態になっていました。

よせば良いのにPCと同じ感覚でやってしまいました。

まずはPCがタブレットを正常に認識せず、PCをXPの物に変えてやっと認識させました。(これで丸1日)

アップグレードソフトを使って4.2.2にアップ。とりあえずは成功!?

なんと全ての設定が元通りになってしまってます。(全部消えた)

またしこしことインスコを済ませたら次はROOT権取得です。

これがまた一筋縄ではいかない!(これで丸2日)

そうして苦労の甲斐があって出来上がったのがこれです。

DSC01075_R.jpg 

横の画面です。本来このタブレットは横を基準に設計されています。(ほぼ全てがそうです)

DSC01076_R.jpg 

ROOT権取得がうまく行ったので、Root Explorerが出てきています。

DSC01077_R.jpg 

じゃあどうやってここまでの作業をしたかは、聞かないで下さい。

自分でもどうやってやったのかもうわからなくなっています。

でももう少し日にちがたつともっと情報が沢山出てきて、初心者でも簡単に出来ると思いますよ。

今回もソフトが勝手に自動でやってくれましたから・・・

そんなこんなで3日かけてやっと出来上がりました。

やり方がわかったら追記でまたアップしますね。

つづく・・・

テーマ:ホビー・おもちゃ
ジャンル:趣味・実用

モバイルバッテリー大改造!出来上がり!

2013.07.14 22:40|未分類

前記事にしていたモバイルバッテリーの大改造ですが、やっと出来上がりました。

前の記事kazubeiblog.blog90.fc2.com/blog-date-20130709.htmlで紹介していたものですが。

やっと形になりました。

DSC01049_R.jpg 

まあ何とか様になりました。

材料は0.5mm厚のボール紙を4重に張り合わせて作っています。

強度はそこそこありますし、紙だから加工がやりやすいし。でもやっぱりちょっとでこぼこしますね。

一応ねじもタッピングが止められるんですよ。貼り合わせに使う接着剤はやっぱり木工用ボンドが一番です。

弱そうに見えるんですが、これがまた乾くと丈夫で、プラ板より頑丈ですよ。

ついでなので、買い換えたノーパソでのチェック結果をアップしておきます。

=============================
サンワダイレクトのOEMで700-BTL011と思われる。
容量は39600mAhに改造タイプです。(PC対応)
汎用大容量16000mAhバッテリー
 (別のPCでの1回目のチェックです)
===========================================
ノーパソ2  4300mAh(実測)
===========================================

7月11日
PC       (3748mAh)     3748mAh<=チェックスタート。
                                終了時LED3つ点灯
PC       (2930mAh)     6678mAh<=差込時LED3つでスタート
                                終了時LED2つ点灯
7月12日
PC       (3029mAh)     9707mAh<=差込時LED2つでスタート
         (2752mAh)     9430mAh<=最終充電量

9430÷39600=23.81%


モバブーの電力が146.5WAhで、ノーパソのバッテリーが11.1Vx9.430A=104.67≒105WAhなので、
効率は約72%ぐらい。
ただし使用したバッテリーが2200mAhのものを使用したが、すべてがその容量を満たしていないと思われる。
おそらく1本当たり2000mAh在れば良いのではないだろうか。それで計算すると、36000mAhになる。
その場合は、
モバブーの電力が133.2WAhで、ノーパソのバッテリーが11.1Vx9.430A=104.67≒105WAhなので、
効率は約79%ぐらい。

=============================
サンワダイレクトのOEMで700-BTL011と思われる。
容量は39600mAhに改造タイプです。(PC対応)
汎用大容量16000mAhバッテリー
 (別のPCでの2回目のチェックです)
===========================================
ノーパソ2  4300mAh(実測)
===========================================

7月12日
PC       (3300mAh)     3300mAh<=チェックスタート。
                                終了時LED4つ点灯
7月13日
PC       (3400mAh)     6700mAh<=差込時LED4つでスタート
                                終了時LED2つ点灯
PC       (2769mAh)     9469mAh<=最終充電量


9469÷39600=23.91%


モバブーの電力が146.5WAhで、ノーパソのバッテリーが11.1Vx9.469A=105.10≒105WAhなので、
効率は約72%ぐらい。
ただし使用したバッテリーが2200mAhのものを使用したが、すべてがその容量を満たしていないと思われる。
おそらく1本当たり2000mAh在れば良いのではないだろうか。それで計算すると、36000mAhになる。
その場合は、
モバブーの電力が133.2WAhで、ノーパソのバッテリーが11.1Vx9.469A=105.10≒105WAhなので、
効率は約79%ぐらい。

新しいノーパソのバッテリーは11.1Vなのでその分効率が良くなっている。

これなら2.5回ぐらい充電できそうである。

それと不思議なことがあって、ACアダプターで充電すると、4300mAhを切る位の容量なのだが、

モバブーから充電すると4500mAh近く充電できるのです。(原因は不明です)

ということでモバブーの大容量化大作戦は無事終了しましたが、出来上がり重量の重いこと重いこと!

なんと1300gもありますので、これはもはやモバブーとは言えないと思います。

「可搬用補助バッテリー」と呼ぶのが正解でしょう!

と言う訳で改造録は以上で終了です。

つづく・・・

テーマ:ホビー・おもちゃ
ジャンル:趣味・実用

EPSON Endeavor NY2300S

2013.07.12 19:03|パソコン
いつも使っていたノーパソがそろそろつらくなってきたので、半ば衝動買いではありますが、新しいのを買ってしまいました。

こんなのです。

ny2300s_tp130701_R.jpg 

一般的な仕様はこんなのです。

ny2300s_spec2_130311_R.jpg 

2種類から選んだり、Windows7/8選択、Officeの有無などが選べるようになっています。

当然ここで良いのを選んでは、面白みがぜんぜんありませんので、1番下のランクを選びました。

値段は送料込みで、41730円(楽天エプソンダイレクト)でした。

各種インターフェースもきちんと付いていますよ。

ny2300s_if_R.jpg 

ただこの機種の最大の弱点はWLANです。通常2.4GHz帯のn/g/bには対応しているのですが、私の使いたい5.2GHz帯に対応していないのです。

等を始め、ノーマルで使うつもりなどまったく最初からありませんですし(笑う!

まずは裏蓋お開き!

DSC01034_R_R.jpg 

ねじを7本緩めて後は爪を折らないように、パキパキ外すタイプです。(早速1本折ってしまいました)

これは全て換装終了の絵です。

まずHDDはこれに交換しますので、起動してしまわないように抜いてしまいます。

交換するHDDはこれです。

41OFJBjRsyL_R.jpg 
Seagate 2.5inch Hybrid Laptop Thin SSHD ST500LM000 SATA 6Gb/s 500GB 5400rpm 64MB AF」

初めて使うSSDとHDDがドッキングしたSSHDです。SSDが8GとHDDが500G入っています。 

次に交換するのはWLANカードです。

51vr6t-vvjL_R.jpg 
最新版Intel Centrino Advanced-N 6235 802.11a/b/g/n 最大リング300Mbps WIFI + BlueTooth 4.0 Combo Card (6235ANHMW)」
2.4GHz帯のa/n/g/bと5.2GHz帯のa/nに対応して、しかもブルートゥース4.0+EDRが入っています。

後はメモリーをもう4GB増設して合計8GBにして、CPUをセレロンからi3-2350Mに交換しました。

本当はi5にしたかったんですが、モバイル用のCPUって本当に売っていないんですよ。しかも中古で・・・

そんなこんなで各交換済みの写真です。

まずSSHDです。

DSC01035_R_R.jpg 

このPCはHDDの交換が取っても簡単でした。初めに抜いてあるHDDの内容をこのSSHDに丸ごと、コピーの出来る外付けステーションを使ってコピーしました。

次はメモリーです。

DSC01036_R_R.jpg 

これについては説明不要ですね。

次にWLANカードです。

DSC01037_R_R.jpg 

これも換装そのものは簡単なんですが、以下の順番どおりやら無いとうまく動きません。

1.IntelのページからN6235用のドライバー(WLANとブルートゥースの2つとも)をあらかじめダウンロードしておきます。
2.オリジナルのカードが入った状態で、そのプログラムとドライバーを削除します。
3.PCの電源を切ってバッテリーもはずして、カードの換装をします。
4.電源を入れると自動的にドライバーがインスコされて、一応使えるようになったように見えますがまだ動きません。
5.ダウンロードしたIntelのソフトをインスコします。どっちが先でも良いと思いますが、私はブルートゥースを先にしました。
6.PCを再起動して使用可能になります。

この順番を守らずにいきなり換装すると、前に入っているドライバー類と競合してうまく動かないようです。

次にCPUです。

DSC01039_R_R.jpg  

ヒートシンク類を全て外してしまって、その下にあるCPUを交換します。

ソケットの規格はSocketG2とかrPGA988とか言われている物です。

使用できるCPUはまったく把握できないのですが、Coreシリーズの3,5,7で第3世代(サンデーブリッジ)と、第4世代(アイビーブリッジ)が使用できるはずです。チップセットに一応HM76を使っているので、サポートは可能です。

後はメーカー製のしかもノートPCですからBIOSがかなりいじられていると思いますので、私は比較的実績のありそうな、Core-i3 2350Mを選択してみました。(というかこれしか手に入れられなかった。これでも奇跡ですよ)

こんなCPUです。

DSC01041_R.jpg 

3cm四方ぐらいの小さなCPUです。

このCPUは無事認識してくれました。本当はi5-3230Mがほしかったんですが、手に入らないみたいですね。

こうやって出来上がったのがこれです。一通りソフト類もセッティングが終わりました。

DSC01040_R_R.jpg 

早速シール張ったりして・・・

ちなみにSSHDのベンチマークですが参考のため載せて起きます。

まず換装直後です。

20130711.jpg 

次は一通りインスコが終わった後のベンチマークです。

20130712.jpg 

SSHDはその特性上使っていくほどに速度が上がっていくそうです。

大体40~50時間ぐらい使うと落ち着くそうですが・・・

それとオリジナルのHDDはSATA2(3G)のタイプが使われていますが、IFその物はどうもSATA3(6G)のようです。

SATA3を使うのはこれが初めてなので、この数字が早いか遅いかはよくわかりませんが、いつも使うソフトの起動が激早なのはたしかです。

という事で一応使えるようになったのでこの記事を書いております。

また発見があったらそのときにアップします。

つづく・・・

PS.結局SSHD自体の限界を感じて、SSDを購入することにしました。

購入したSSDは「Samsung SSD840 ベーシックキット500GB MZ-7TD500B/IT」です。

SSHDを取り外して、SSDへ内容を全てコピー後ベンチマークをとってみたらびっくり!

20130714-2.jpg 

なんじゃこりゃ~!!てなぐらいにすごいスコアです。

ちなみに目に見えて起動も動作も速いです。

まさに目指していたものが形になった瞬間です。

しかし元々4万円のPCなのに・・・

まあ、いいか!!!

つづく・・・

テーマ:ホビー・おもちゃ
ジャンル:趣味・実用

モバイルバッテリー大改造!

2013.07.09 17:06|パソコン

以前紹介したPC対応の16000mAhのバッテリーです。

簡単なオペレーションで、USBへの変換効率も高くお勧めだったんですが、PCモードで使うといかに16000mAhの
容量が少ないかが良くわかりました。

31xSoa0pseL_R.jpg
PCで使うときは効率の計算方法が違ってきて、以下のようになります。

全てWAhで計算します。

まず16000mAh=16A
このときのWAhは16AX3.7V(LiPoの電圧)=  59.2WAhになります。

そしてこれをPCにつないで使用する時は
59.2WAh÷14.4V(ノートPCのバッテリーの電圧)=4111mAh

DCコンバーターの効率が80%あったとして4.1X0.8≒3300mAh使えることになります。

最初は不良かと思いましたが、これで正解のようです。

そのときのログが下記の通りです。

=============================
サンワダイレクトのOEMで700-BTL011と思われる。
容量は16000mAhの大容量です。(PC対応)
汎用大容量16000mAhバッテリー
 (交換分でPCのみの1回目のチェックです)
===========================================
スマホ   2210mAh(カタログデーター値)
タブレット 4325mAh(カタログデーター値)
ノーパソ  4460mAh(カタログデーター値)
===========================================

6月27日
PC       (3761mAh)     3761mAh<=チェックスタート。
                                終了時LED0つ点灯
PC       (3234mAh)     3234mAh<=最終充電量

3234÷16000=20.21%
(モバブーの電力が59.2WAhで、ノーパソのバッテリーが14.4Vx3.234A=46.57≒47WAhなので、
 むしろ非常に効率が高いのかもしれない。79.39%)


=============================

以上のような結果を踏まえて、以下の大改造に発展してしまったと言う訳です。

容量をでかくしちゃえ大作戦!

と言う訳で、内臓のバッテリーを巨大化しちゃうことにしました。

でもこれは私が勝手にやっているだけですから、まねをされる方は自己責任でやってください。
失敗したら、発火したり、煙が出たり、最悪爆発の危険さえありますので、本当に注意してやってください。

最初はホビキンのLiPo単セルを買おうと思っていたんですが、寸法を測ってみたらラジコン用の安物バッテリーが同じセルを使用しているようなんです。

じゃあそれを使おうと言う事で早速モバブーを分解してみました。

DSC01010_R.jpg 

これが中身です。左にあるのがDCコンバーターの基盤で、バッテリーの下のある細長い基盤がおそらくLiPoの保護回路でしょう。各セルごとにバランスもとるのかなと思ったんですが、それはしていないようです。

DSC01011_R.jpg 

LiPo保護回路です。裏と表で合計6セル使用しています。(1セル約2700mAh)

これがラジコン用のバッテリーです。あんまり高出力ではないので、使っていないのですが10本ぐらい持っていますので、6本を今回犠牲にしようと思います。

DSC01012_R.jpg 

皮を剥いて直列接続になっているので、それを並列接続に変更して、ケーブルを付けています。

これを合計6本分作ります。(実際には1本失敗したので7本作りました)

DSC01013_R.jpg 

言い忘れていましたが、このバッテリーは11.1Vの2200mAh(20C)です。

したがって6600mAhのセルが出来上がったことになります。

DSC01014_R.jpg 

並べてみました。1本は充電中です。(ラジコン用の充電器で一度すべてフル充電してから組み込みます)

関係ないですが、私の作業机です。娘が大学に入ったので、捨てると言うので私が貰いました。

それにしてもごちゃごちゃしてますね!

DSC01015_R.jpg 

バッテリー充電中です。このLiPoは1.5Cぐらいで充電が出来るので、3.3Aで充電中です。

結構ドキドキものですよ!
DSC01016_R.jpg 

下になる方を先に半田付けしました。くれぐれも+-を間違えないようにマジックで印をつけるなりしてください。

間違えると瞬殺で保護基盤が壊れます。

DSC01017_R.jpg 

上のセルも半田付けして早速PCに充電試験をしてみました。

結果、大成功でした。

LEDが減っていく時間もやっぱり延びています。(そりゃ合計39600mAhになってるんですから・・・)

DSC01018_R.jpg 

これのログも下記に出します。

=============================
サンワダイレクトのOEMで700-BTL011と思われる。
改造タイプです。
容量は39600mAhの大容量です。(PC対応)
汎用大容量16000mAhバッテリー
 (交換分でPCのみの1回目のチェックです)
===========================================
スマホ   2210mAh(カタログデーター値)
タブレット 4325mAh(カタログデーター値)
ノーパソ  4460mAh(カタログデーター値)
===========================================

7月7日
PC       (3942mAh)     3942mAh<=チェックスタート。
                                終了時LED2つ点灯
PC       (2849mAh)     6791mAh<=最終充電量
この時PCは78%まで電力が回復していた。

6791÷39600=17.14%

モバブーの電力が146.5WAhで、ノーパソのバッテリーが14.4Vx6.791A=97.79≒98WAhなので、効率は約67%ぐらい。
ただし使用したバッテリーが2200mAhのものを使用したが、すべてがその容量を満たしていないと思われる。
おそらく1本当たり2000mAh在れば良いのではないだろうか。それで計算すると、36000mAhになる。
その場合は、
モバブーの電力が133.2WAhで、ノーパソのバッテリーが14.4Vx6.791A=97.79≒98WAhなので、効率は約73%ぐらい。
効率は高いのかもしれない。2回目のチェックでACアダプターによる充電をやってから実験してみたい。
(1回目は各セルごとにラジコン用の充電器でフル充電した物を使用した。各4.2V~4.19Vになってはいた。)

ACアダプタによる充電時間=>(17:15=>25:30=約7時間)

=============================
サンワダイレクトのOEMで700-BTL011と思われる。
改造タイプです。
容量は39600mAhの大容量です。(PC対応)
汎用大容量16000mAhバッテリー
 (交換分でPCのみの2回目のチェックです)
===========================================
スマホ   2210mAh(カタログデーター値)
タブレット 4325mAh(カタログデーター値)
ノーパソ  4460mAh(カタログデーター値)
===========================================

7月8日
PC       (3373mAh)     3373mAh<=チェックスタート。
                                終了時LED3つ点灯
PC       (3619mAh)     6992mAh<=差込時LED3つでスタート
                                終了時LED1つ点灯
PC       (113mAh)      7105mAh<=最終充電量

7105÷39600=17.94%


モバブーの電力が146.5WAhで、ノーパソのバッテリーが14.4Vx7.105A=102.31≒102WAhなので、効率は約70%ぐらい。
ただし使用したバッテリーが2200mAhのものを使用したが、すべてがその容量を満たしていないと思われる。
おそらく1本当たり2000mAh在れば良いのではないだろうか。それで計算すると、36000mAhになる。
その場合は、
モバブーの電力が133.2WAhで、ノーパソのバッテリーが14.4Vx7.105A=102.31≒102WAhなので、効率は約77%ぐらい。
付属ACアダプターでの充電の方が、効率は高いのかもしれない。
今回はモバブー付属のACアダプターによる充電をやってから実験してみた。


=============================

というような結果になった。バッテリーの容量比が2.47倍で使えた容量が2.2倍。

やっぱりバッテリーは2200mAhも無かったようである。多分2000mAhX3セルX6本=36000mAh

こんなとこでしょうか。でもACアダプタによる充電の方が良く充電できるのは、発見である。

あんなに薄くて軽かったモバブーがこんなになってしまいました。

横からで、保護回路側から。

DSC01019_R.jpg  

同じく横からで反対側から。

DSC01020_R.jpg 

正面から。

DSC01021_R.jpg 

PCへの充電中のLEDの様子。

DSC01022_R.jpg 

後はこの側面の、中身丸見えの露出部分を作ってそれなりにしたら出来上がりですが、どういう風に作ろうか今思案中です。(私は紙工作が得意なので、0.5mm厚のボール紙を使って作ろうかと考えています。二重にして1mmにすると、プラシート並みの強度が出ますし、加工がしやすい!)

それについては直今出来上がってからアップします。

今日はここまで。

つづく・・・

テーマ:ホビー・おもちゃ
ジャンル:趣味・実用

DSC-RX100の実写アップ

2013.07.06 17:21|カメラ
この前アップしていたSONYのDSC-RX100ですが、ちょっとだけためし撮りして見ましたので、アップしてみます。

花壇に埋まっている花を撮っただけですから、被写体とかアングルとかは気にしないでください。

尚、全て絞り優先で、マルチ速攻方式。絞りはF2.8で撮ってみました。

DSC01026_R.jpg DSC01025_R.jpg DSC01024_R.jpg

ちょっと風があったので、ブレが入ってしまってます。

もっとまともな写真が出来たらまたアップしますね。

つづく・・・

テーマ:ホビー・おもちゃ
ジャンル:趣味・実用

SONY DSC-RX100衝動買いしてしまった!

2013.07.02 22:03|カメラ
知っている人は知っていると思いますが、7月5日にSONYから新型の「DSC-RX100M2」が発売されます。

そのせいもあって旧型に相当する「DSC-RX100」が中古でかなり安く購入できました。

しかも程度はごく上品です。(スレがあると書いてあったが、全くの新品のようです)

オリジナルの本体はこんなのです。

DSC-RX100_R.jpg 

そして裏側がこんな感じです。

DSC-RX100_Rear_R.jpg 

何の変哲も無い普通のコンパクトカメラなんですが、最大の特徴はC-MOSが「1インチ」を採用している点です。

前にも記事にしましたが、私は別で一眼の趣味もあるので、α900も所有しています。(最近は出番が少ないですが・・・)

今までのコンパクトタイプは画素数こそ多く2000万画素とか言ってますが、大半は2/3インチのサイズを使用しています。

1インチサイズがどれだけかというと、2/3インチの面積比で4倍の面積に相当します。

こうなるのを私はず~と待っていたんです。でもこの機種が出たときは高すぎて、手が出せませんでした。

今回はちょっと高めのコンデジぐらいの値段で購入できて本当にラッキーでした。

でも新型のRX100M2はSONYの誇る、裏面照射型のC-MOSに変更されていたんです。

ものすごく悩みましたが、それ以外の基本機能は大きく変更が無いので、旧型にしました。

その分これはマクロが弱いので、コンバージョンレンズをつけることにしました。

前面の写真からも分かるようにレンズの前部分はつるつるで、フィルターを取り付けられません。

71Aq54Mty5L__AA1280__R.jpg 

こんなアダプターをレンズ前面に貼り付けてネジを作ってやります。ちなみにフィルター径は52mmです。

この商品には専用の超薄枠のMCフィルターも付属していますので、レンズを守るのにも良いと思います。

そして出来上がったのがこの写真です。

まずは前面。

DSC00588_R.jpg 

前のオーナーが皮を張ってくれていたので、ちょっとカッコいいでしょ!

ちなみにレンズキャップも取り付けてあります。

キャップを外すとこんな感じです。

DSC00589_R.jpg 


さらに電源を入れるとこんな感じににゅーっとレンズが出てきます。(ズームは28-200mmです)


DSC00590_R.jpg 

レンズの根元には多目的リングがあって、機能を割り付けられます。もちろん私はピンとリングとして使っています。

言い忘れてましたが、このレンズ何と「ツアイスのレンズで28mm、f1.8の高性能レンズなんですよ。

裏側はこんな感じです。

DSC00591_R.jpg 

特筆することはありませんね。普通のコンデジです。

横から見るとこんな感じです。

DSC00592_R.jpg 

フィルターにも当然ネジが切ってますので、ケンコーのクローズアップレンズのNo.3を一緒に買っておきましたが、ちょっと倍率が不足でした。(1.2~1.3倍ぐらい)

ストラップは当然両方から取り付けて、首からぶら下げれるようにしておきました。(最初はリストタイプが入っています)

たまたまちょっと細めの一眼用の、名前は知りませんが1本5千円ぐらいするストラップが、余っていましたのでそれを利用しました。このカメラにはちょっと太いようですが、それも良しと言う事で!

本当はためし撮りの画像を載せようと思ったのですが、分け合って初期化してしまいました。

やっぱり1インチのC-MOSとF1.8のレンズと相まって、きれいにボケが表現できますよ。

基本、モードは絞り優先です。(通常はお任せモードで使っても十分きれいに取れますよ)

さらに、フルハイビのムービーまで取れてしまいます。(もうムービーいらんのとちゃう?)

以上、また散財してしまいましたが、嬉しかったので載せてみました。

近日写真も続きでアップしますね。

つづく・・・


テーマ:ホビー・おもちゃ
ジャンル:趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
現在の閲覧者数: