09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

かずべい

Author:かずべい
かずべいのヘリライフへようこそ!
まだまだ初心者ですが楽しんでます。
所有機
T-REX450PRO(パチ物ばーかり)
・HKTAROT450-3GX
・TAROT450-3GX
・T-REX450L(3セル)
T-REX500EFL
T-REX550E(V2改)
T-REX600EFL
MultiCopter
・500mmY3 Tricopter type
・500mmFPV-Quad-X Type
JR Voyger50(エンジン機)
Walkela GeniusCP/V2
Phantom

最新記事

最新コメント

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

来訪者数

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TAROT ZYX用ブルートゥスアダプター発売!

2012.10.30 21:11|TAROT
いきなり出てきました。ALIGNからも出ると言って早1年ぐらいたった。TAROTはいきなり発売してきました。

TAROTの勝ちー!

こんなのです。

zyx12.jpg 

もっと小さかったら付けっぱなしでも良いのに。PC用のアダプターはもっともっと小さいです。

アンドロイド用のソフトはこちらです。

私はPCでダウンロードしてしまったので、解凍したファイルをアンドロイドにメールで添付ファイルとして送りました。

そのあとファイル管理ソフトでダウンロードした解凍済みのファイルを見つけて、タップしたらすぐインストールできました。

でも、アダプターが無いのでシミュレートするだけです。(早速注文しちゃいました。10$<=ネタです!)

ついでにTAROTのデジタルピッチゲージ”AP-90”も買っちゃいましたー!($19<=ALIGNよりだいぶ安いです)

品物が届いたらレポートブログしますね!

つづく・・・
スポンサーサイト

テーマ:ホビー・おもちゃ
ジャンル:趣味・実用

1発OK!Y6改初フライト!

2012.10.27 14:08|マルチコプター
今日は休みなので、朝から一部の方ご期待の、Y6改の初フライトの様子の動画を撮って見ました。

元々DJIコンパチのホビキンで売っているHexコプターのフレームを使って、6本の腕の内3本だけ利用してY6と同じような形にしたものです。

ペラは10x4.5を6枚使用、FCボードにはもちろんホビキンのKK2.0を使用しました。

パラメーターはだいたいの数値を感で入れて、浮かせて見ましたが1発OK!でした。

思った以上に安定したホバで、ちょっと拍子抜けです。

PIエディターのパラメーターです。
                          A/E              R
Pgain               100             80
PLimit               50             30
Igain                    5             10
ILimit                 15             10

Self-levelのパラメーターです。
Pgain                          60
PLimit                         35
ACC Trim Roll             0
ACC Trim Pitch           0

こんな感じですが、動画を見たら分かりますが、ラダーを右に切ったら機体が上昇、左に切ったら機体が下降するのは、どのパラメーターが関係するんでしょうか?(はがぺんさん教えてください!)

それと、新しく増えたACC Trim R/Pはどんな働きがあるんでしょうか?前のとき1入れただけで機体が大暴れして怖かったので、自分でチェックする勇気がありません。

まあこんなとこで写真でおさらいです。

斜め正面から。

DSC00049_R.jpg 

真上から。

DSC00050_R.jpg 

斜め後から。

DSC00051_R.jpg 

割と、まとまっているでしょ!出来上がってみて私も気に入りました。でもHexのフレームがベースなので、後の腕が短く見えます。重心の位置はフレーム内のFCボードの真ん中ぐらいです。

では、これの動画を見てやってください。



途中ふらふらしているように見えるのは、私が自分で動かして見ています。
安定度はかなり高いようで、ほとんど当て舵無しで自立安定しています。(風が無いせいもありますよ)

それにしても前に作って諦めてしまったさそり君(Scorpion650)はなんだったんでしょうか?何であんなに浮かせることが出来なかったのか、不思議でしょうがないです。

さそり君はパラメーターも色々試して見たし、ペラも方向やら、上下関係やら、付け替えて見たし、不思議でしょうがないです。

Y6コプターもうまく行った所で、次の目標は、Y3トリコプター です。これについては何時になるか全く分かりませんが、気になっている機体です。 グラスファイバーで出来上がった状態のものなので、ちょうど飛行機の完成機と同じです。どこからメカをどのように入れるのかが全く分かりません。
でもかっこいいでしょ!一目で気に入りました。

とりあえず、今日はこの辺で・・・・

つづく・・・


テーマ:ホビー・おもちゃ
ジャンル:趣味・実用

改造Y6コプター、フレームが来た!

2012.10.25 23:29|マルチコプター
あー長いこと待ちましたよ!やっと今日荷物が届いて、今出来上がったところです。

とりあえず通常のショットです。

DSC00048_R.jpg 

裏から見るとこんな感じです。

DSC00047_R.jpg 

まずフレームにFCボードを取り付ける穴を開けたいのですが、無駄にフレームに穴が開いててちょうど欲しい所に穴をあけられないんです。

考えた末、最初から開いているスリットに半分だけ穴を開けて(開けると言うよりは削るの感じ)、それをスペーサーではさんで固定しました。

DSC00043_R.jpg 

半分しかフレームに引っかかってないですが、強度はばっちりです。

次は腕を付けて行って、電源系の配線をやりました。

 DSC00041_R.jpg 

真ん中部分のアップです。結局ケーブルを作り直しましたが、ひょっとしたらそのままでも行けたかも知れません。

DSC00042_R.jpg 

次はTAROTのマルチ用スキッドの固定用パイプの取り付けと、バッテリートレイの取り付けです。

DSC00045_R.jpg 

横になっているパイプがスキッド用のパイプです。バッテリートレイはさそり君からの転用です。

パイプの取り付け方法はたった1箇所U型の金具で締め付けるだけなので、強度を上げるために裏からたっぴんぐのネジで補強しておきました。

横から覗いた所です。

DSC00046_R.jpg 

あの真ん中にある金属の部品を、2mmのネジで締め付け固定するだけです。なんかグラグラしそうなので、内側の左右2箇所を3mmのタッピングで締めておきました。

足が全て付いて、真上から見た図です。

DSC00044_R.jpg 

出来上がってから思ったんですが、なんか後の腕が一般的なY6やY3(トリコプター)より、短い気がしますがフレームが大きいので、そう思うんでしょうかね。

とりあえず出来上がりましたが、飛行チェックは明日以降ということで、またアップします。

今日はここまで

つづく・・・

テーマ:ホビー・おもちゃ
ジャンル:趣味・実用

いつまで待たすの?

2012.10.23 20:26|その他
今回、550mmHexフレームをホビキンに頼んだのだが、それ以前に通常郵便でプロペラを2種類別便で頼んだのだが、記録的に届くのが遅い!

今現在のステータスです。

EMS_R-2.jpg 

上2つの分は現地引き受けが10月11日です。やっと今日になって日本に届いたようです。

うまく行けば明日のお昼の便で配達されるでしょう。

一番下が550mm-Hexフレームですホビキンの発送日は10月18日です。ところが現地引き受け日が10月21日になっています。この荷物は送料があまり変わらなかったし、急いでいたのでEMSを使いました。

この空白の3日間はいったい何なんだろう?(ホビキンが荷物を出すのを忘れていた?)

上2つの分は通常書留扱いなのだが、ホビキンの出荷日が10月11日で、現地引き受け日が10月20日です。

やっぱりこの空白の9日間はいったい現地で何をやっていたんだろう?

国際荷物のトラッキングは見ていて面白いです。今日引き受けしたから明日の航空荷物に乗ってきて、その次の日に通関受けて、その日の夕方に「ピンポーーン!」で、荷物到着!。ちょっとした旅行気分です。

どっちにしても3点の荷物は、上2点が明日の昼便で、一番下が明日の夕方便で来ると予想しています。

Y6コプターの腕のケーブルが短かったのも、今日全部やり直ししたし、フレームが来るのを待っているだけです。

はやくこないかなー。

つづく・・・

テーマ:ホビー・おもちゃ
ジャンル:趣味・実用

TAROTのデジタルピッチゲージ

2012.10.22 23:50|TAROT
突然ですが、今はALIGNのデジタルピッチゲージを使っていますが、一つだけ気に入らないポイントがあるんです。それは0にリセットするボタンですが押した途端に0リセットするので、中々0ピッタリにならないんです。(ほんの少しだが左右の力のバランスが違うためピッタイ0にならないんです)。 RCロガーとこのTAROTのはゼロリング遅延機構が付いていますので、0リセットがやりやすいです。

パパリンのRCロガームービー <=こんな感じです。

TAROTの仕様です。

1. バックライト液晶搭載ディスプレイ、取り外し可能な分割設計

2. モニターは自動的にディスプレイの表示方向を切り替える設計

3. 水平角度自動に検出

4. ゼロリング遅延とロッキング機能

5. 検出角度±60°

6. 20-800mmメインブレードに適用

7. 節電機能内蔵。待機8分後に自動的にオフになる

赤い所が良くなった点です。これが非常に便利で、是非買い替えをしようかなと考えてますが、まだ今の所値段も発売時期も決まっていません。

001(3)_R.jpg

でもやっぱりデザインはALIGNにそっくりです。

ではまた!

つづく・・・

テーマ:ホビー・おもちゃ
ジャンル:趣味・実用

KK2.0FCボードまたFWが出てました。

2012.10.20 23:09|マルチコプター
なんとなくフラッシュツールの画面をいじっていたら、またVer1.2の新しいのが出てました。

フラッシュツールは、これです。

0.70 beta4_R 

Ver1.2のカスタマイズ版のようです。
これです。

DSC00039_R.jpg 

KK2.0 V1.2 ACCmod 2 by Kapteinkuk modified by Shane Colton<=これの赤の所が変わったようです。

興味のある方は右にある青色のマークのボタンを押すと、作者の管理しているページに飛びます。

私はとりあえず一番安定度のあるQuad-Xに入れてみた所、スロットルに対する追従性がよくなって、たまにフラフラしていたのが、しゃんとしたように感じました。
 
作者のページを翻訳して見ると、簡単に言うと、ジャイロ2個の差を吸収するソフトパラメーターの変更と、加速度計に対する手直しをしたようなことを書いてありますが、エキサイト翻訳なので、訳わからん翻訳でした。

尚、このアップグレードもモディファイなのでパラメーターは初期化されませんので、気軽にやって見ることができますよ。

Quad-Xに入れてみて気を良くしたので、Hex-XとMini-Hexの両方にも入れてみましたが、どれも同じような感覚で、悪くは無いと思います。

2300円そこそこのFCでこれだけ遊べるなんて、中華技術に感謝!感謝!(シェイシェイ!)

で、全く関係ないんですが、今現在のさそり君のなれの果てです。

DSC00040_R.jpg 

頭だけになってしまいました。上の部品も乗せているだけです。

ちょっとかわいそうですが、仕方が無いです・・・

それと話は変わりますが、TAROTからデジタルピッチゲージが発売予定になってます。

今はALIGNのデジタルピッチゲージを使っていますが、一つだけ気に入らないポイントがあるんです。それは0にリセットするボタンですが押した途端に0リセットするので、中々0ピッタリにならないんです。(ほんの少しだが左右の力のバランスが違うためピッタイ0にならないんです。)

TAROTの仕様です。

1. バックライト液晶搭載ディスプレイ、取り外し可能な分割設計

2. モニターは自動的にディスプレイの表示方向を切り替える設計

3. 水平角度自動に検出

4. ゼロリング遅延とロッキング機能

5. 検出角度±60°

6. 20-800mmメインブレードに適用
 
7. 節電機能内蔵。待機8分後に自動的にオフになる

赤い所が良くなった点です。これが非常に便利で、是非買い替えをしようかなと考えてますが、まだ今の所値段も発売時期も決まっていません。

001(3)_R.jpg 

でもやっぱりデザインはALIGNにそっくりです。

ではまた!

つづく・・・

テーマ:ホビー・おもちゃ
ジャンル:趣味・実用

改造Y6コプター!腕出来た!

2012.10.19 23:55|マルチコプター
Hexコプターの腕は、折れたときの予備に1セット持っていたので、腕だけ先に作っちゃいました。

腕3本にモーター2個ずつ、ケーブルはだいたいで作ったら、ちょっと長さが足り無そうです。

DSC00034_R.jpg 

ESCへの動力用ケーブルの長さが、思ったより短く出来てしまった!(やっぱ適当はダメですわ!)

まあ、しかたがないので延長ケーブル(4~5cmぐらい)を作って何とかなるでしょう!

腕はこんな感じでレイアウトしています。ESCのケーブルが長すぎたため、2cmぐらいに切ってモーターとつないでます。

こっちは長さぴったりで言うこと無しなのに!

DSC00035_R.jpg 

モーターは、表裏でこのように取り付けています。

モーターのケーブルは裏へ回して表に出してくると丁度良い長さになります。でも1個だけモーターのケーブルが1.5cmぐらい短いのがありましたので、それだけは表のみで繋げました。(やっぱ安物はこういう所がいい加減ですね!)

DSC00036_R.jpg 

思った以上にうまく出来てしまったので、今日の記事にアップしました。後はHexのフレームキットが早く届いて欲しいなっと。

しかしフレームを注文したのはあのホビキンですから、きっと遅いんでしょうね。

PS.

前、さそり君があまりにも言うことを聞かなかったのは、FCボードが不良かな?と、思って今日Quad-XのFCと入れ替えて見ました。結果は、OKでした。特に変な挙動も無いようですし、各種設定もQuadのFCを見ながら入れていきましたので、全く同じになっています。浮かせた感じは今までと同じ感じです。

これでFCの不良は絶対にないと言うことが立証されました。

次にY6のプログラムがおかしい!と、言うことも考えられるんですが、お友達のはがぺんさんが実験してくれて、これも特に問題が無いことが立証されています。

と言うことなので、後はフレームが来てからのお楽しみです。

今日の所はここまでです。

つづく・・・

テーマ:ホビー・おもちゃ
ジャンル:趣味・実用

改造Y6コプター作成の巻き!

2012.10.18 23:01|マルチコプター
Scorpionが暗礁に乗り上げてしまって、別にScorpionじゃ無くても良くなって来た所でこんなことを考えてしまいました。

どうも気に入ったY6フレームが無いので、ブロ友のはがぺんさんのページを見ていて、早速部品の調達にはいりました。

まずはフレーム本体ですが、1台すでに持っている550mmHexフレームのPCB版じゃないほうを1台用意してそれをベースに作ろうかと思っています。

フレームはこれです。

24174(1)_R.jpg 

スキッドにはこれを使います。

TL2749-01_02_R.jpg 

で、本体フレームの内(X)が付いている所は使わずに、3本のみ足を使います。

24174(1)-2_R.jpg 

(X)のところはそのままでは強度が落ちるので、足の根元だけぶった切ってはめ込んでおきます。

DSC00032_R.jpg 

またこのフレームは足がそのままスキッドにもなっているため、裏側の下側のモーターが付けられません。

24174-5_R.jpg 

このスキッド部分もぶった切って、フラットにしておきます。

DSC00030_R.jpg 

モーターのベースユニットがネジ止めできるように3mmのドリルで新しい穴を開けてベースが取り付けできるようにします。

DSC00031_R.jpg 

まあ、部品はそこそこありましたので、ぶった切ったり、削ったりはほぼ済んでますので、後はスキッドと、フレーム本体が来るのを待っています。

つづきはそれらが入荷してから記事を書きます。
(もう完全にScorpionはオブジェにする方向で動いてまーす!)

つづく・・・

テーマ:ホビー・おもちゃ
ジャンル:趣味・実用

うさ晴らし!

2012.10.16 21:28|マルチコプター
皆さんのご助言にも負けず、結構強情なScorpionくんが全く浮かせることが出来ないまま、ほっとくしかないのでうさ晴らしに、調子を整えているQuad-Xくんを部屋の中でホバらせて、ビデオにしました。

これぐらい調子よく浮いてくれたら、ゆったり出来て気持ちが良いです。

6畳ほどの部屋でのホバですからあんまり期待はしないで下さいよ!



ちなみに前にも書きましたが、奥のふすまが穴だらけなのは私のせいでは有りません。子供たちがちっちゃい頃に遊んでてあけた穴です。記念のためそのままにしてます。(直すのめんどくさいだけやろ!)

今日はこれだけです。

つづく・・・


テーマ:ホビー・おもちゃ
ジャンル:趣味・実用

アンテナ工事

2012.10.15 15:37|その他
Scorpionが一段落したので、次はアンテナ工事です。

地デジ化にともなって我が家も3台の液晶TVを入れ替えたんですが、前から奥さんや子供たちからBS,CSの系統が見たい!と言われてまして、いよいよ実行に移すときがやってきました。

地デジ化する前は我が家は関西電力のeo光、TV,電話と、全てeoでやってたんですが、地デジの中継塔がだいぶ近い所にあるという情報を聞き、ためしに前についていた屋根の上のアンテナを繋ぎ変えてみたら、全く問題無しに映るんですよ!

映るんならTVの契約はいらんわな!と、言う訳でeoTVはやめてしまいました。代わりに電気屋さんに行って5か7素子のUHFアンテナを買ってきて、それを屋根裏に入り込んで方向を見定めながら、設置しました。

映らなかったサンTVまで映る様になりました。おまけに屋根裏に設置なので、錆びたりしないしいつでもメンテナンス出来ます。

そんな過去の事情があった上で、ベランダに普通にパラボラアンテナを取り付けて、屋根の上からの線をぶった切って、それにパラボラの線を繋いで家の中に引き込む方法で、きれいに映る様になりました。

後は全てのTVでBS,CSが見れるように、また屋根裏に上って全導通のアンテナ分配器に付け替えて、各TVにもBS/TVの分波器を取り付けて、ただいま完了しました。

かかった費用は
パラボラが5200円ぐらい、分配器や混合器等の付加部品が1800円ぐらいで、合計7000円ぐらいで終わりました。
ちなみにこれを電気屋さんに頼むとザッと25000円~30000円ぐらいは取られると思いますので、一応納得!!

後はScorpionだけです!

あー腰が痛い!

つづく・・・

テーマ:ホビー・おもちゃ
ジャンル:趣味・実用

Scorpion Y6コプター(バグ?)その2結果編!

2012.10.15 15:17|マルチコプター
昼近くになりましたが、昨日書き込んだ記事の後始末をします。

結果、
私の仮説は間違っていました。
皆様大変お騒がせいたしまして申し訳ございませんでした。

結局モーターの配線を3番4番だけ入れ替えて、ペラもその方向に合わせて入れ替えて、いざ!

前より変!
分かったことは、KK2.0の指示は間違えていなかったと言うことです。

でも、元に戻しても思ったように操作が出来ないのは同じです。

症状は
左にラダーを切ると上に上がっていく。

ロール方向に舵を切ると前や後に舵が混ざる。
非常にしんどそうにリフトしていく。

とにかく浮かそうとしても左後に切りもみするようにして、相当当て舵をしなければならない。(ちなみにオールリセットして、PIエディターは初期値に戻してそのままの設定からやってみました)

前のMini-Hexよりたちが悪いようです。

思うように行かなくていらいらする反面、このやり取りを楽しんでいる自分が変!

まーいややったら、飾り物にでもして置いとくか、別のタイプに作り変えるかすればいいことですし。

でも、私は頑張ります。このScorpionがまともに浮くようになるまではめげずに頑張ります。

次の実験候補としては、ペラの交換ですが、ホビキンに発注していますが、5日ぐらいになるのに全くステータスが変わりません。たぶんまだ香港でうろうろしてはるんでしょうね!

と言うわけで、KK2.0は健康体でした。

つづく・・・

テーマ:ホビー・おもちゃ
ジャンル:趣味・実用

カメラ?!

2012.10.15 11:24|カメラ
今日は休みなので、家でゆっくりしてますが、以前はがぺんさんからカメラに関する記事のリクエストがありましたので、今日は今現在手持ちの機材をご紹介します。

まずはカメラ本体です。

DSC00020_R.jpg 

SONYのα900です。標準レンズはシグマの24-70mmF2.8を常用して使っています。
ただこのレンズF2.8の通しのレンズだけに”重い!”本体には縦持ちグリップも付いてますので、合計2Kgは超えてると思います。(正確に測ると、重くて持つのがいやになるので測っていません)

このα900に行き着くまではデジ一もかなりのコレクションがありました。(現在は全て下取り処分していますが・・・)

裏面もご覧下さい。

DSC00021_R.jpg 

液晶カバーにソニーのコンデジが映っていますね。

一番最初はミノルタのαーSweet?(フィルムカメラ)で始めて、その後コニカミノルタのαSweet DIGITALのシルバーとブラックを2台買って、レンズの2台持ちをやってました。

その後残念ながらコニカミノルタは消滅して現在のSONYになってしまいましたが、SONYはα700が最初の機種です。このころから縦持ちグリップまで付ける様になりました。

ただ、ここまでの機種は全てC-MOSのサイズが”APS-C”で通常レンズに表記してあるmmサイズの1.5倍で換算しなければいけませんでした。(要は広角側に弱く望遠側に強い事になります。)

どうしても実サイズの35mmフルサイズ機が欲しくなり、大量の諭吉さんを出して、現在のα900に落ち着きました。

次はレンズですが、1本目はやっぱり一番出番が多いマクロレンズです。

DSC00022_R.jpg 

タムロンのSP90mmF2.8です。

基本的に花や看板とかの静止物を、取るのが好きなので、最初に買ったレンズです。

次は望遠ですが、シグマの70-200F2.8です。たまに飛行機を撮影することもあり、この後に出てくるテレコンも併用して使用しています。

DSC00024_R.jpg 

これがまた、F2.8の通しなので重い!もちろん使用時には出来るだけ一脚を併用しています。子供がまだ小学校や中学校の時にはカメラのおじさんになりきって、一生懸命これとα700(標準レンズ付けて)の2台を振り回して、先生方もトラックに入っても怒らないぐらい毎年走り回っていました。
おかげで、先生にあげた写真データーを全く確認無しで、卒業アルバムに思いっきり使われていました。

おまけでテレコン2機種(1.5倍と2倍です)

DSC00023_R.jpg 

本当は純正が欲しかったのですが、高すぎるのでケンコーにしました。

写りは良くは無いけど悪くも無いですよ!

以上現在の機材一式ご紹介でした。

最後にたいした写真じゃないけど1枚だけアップします。これはα900に70-200でカメラ側のノイズリダクションはOFFにして撮影したものです。データーの関係であんまり大きくは無いので良く分からないと思いますが・・・

Hanabi.jpg 

もっと明るい所で取った写真の方が、映りが良く分かって良いんですけど、探しきれないほどデーターが有るので、こんな写真ですみません!。

また機会があったらカメラネタも入れて行きますね!

つづく・・・

テーマ:ホビー・おもちゃ
ジャンル:趣味・実用

Scorpion Y6コプター(バグ?)

2012.10.14 22:24|マルチコプター
あれから色々調べて見たんですけど、私の使っているKK2.0ボードと前に使っていたKKブラックボードは、製造している所は同じと仮定すると、この2種類のボードでのY6パターン時のモーターレイアウトが違うんです。

KK2.0の指示

前1→       前3→
前2←       前4←

      後5→
      後6←

KKブラックボードの指示

前1→       前3←
前2←       前4→

      後5→
      後6←

上の図で前3と前4のローテーションが反対になっているんです。

ちなみにKKブラックボードの場合は、書面になってレイアウト図が公開されていますが、KK2.0の場合モーターレイアウトをFC上で選ぶと、そのときのレイアウトがLCDに図で表示される仕組みです。

ひょっとして、KK2.0のバグでローテーションの方向を入れ間違っているのでは無いかと言う疑問が発生してきました。と言うのも始めに浮かせた瞬間から、プロポの操作とちょっと違う動きでなんとなく操作性が悪い感じがしました。上の図でも下の図でも右と左の数はあっているので、ヨー軸の乱れはなくなりますが、ロール方向に操作すると、ちょっと違う方向に滑って行くような感じがしました。

ただセッティングの問題だけなら良いんですが、上記の問題があるとすれば早くこの場で告知した方が、良いと思って記事にして見ました。

今日はもうこの時間ですので、飛行チェックは出来ませんが、モーターレイアウトに付いてはすでに変更してありますので、この問題は明日には分かるでしょう。

とりあえずご報告まで!

つづく・・・

テーマ:ホビー・おもちゃ
ジャンル:趣味・実用

Scorpion完成!

2012.10.14 20:37|マルチコプター
かねてから予告していたScorpionがやっと完成しました。

今までのマルチコプターの中で、一番大変でした。作るの好きー!の私でさえ根を上げかけました。

前の記事でも書いたと思うんですが、この機体は機能性やメンテナンス性を全く考えていません。

オールプラスティックですから、強く握るとメキメキ音がして割れてしまうし、いつ折れてもおかしくないスキッドですし。

折れて修復できなくなったら、同じものをグラスファイバーで作っているホビキンの部品と交換でもいいかなっと思います。

では、全体図の写真です。(この写真からはこの前買ったSONYのNEWコンデジで撮影しています)

DSC00015_R.jpg 

前の2本の腕は折りたたむことが出来ます。

DSC00016_R.jpg 

最初の構想では、ESCを全て本体内に収納して、モーターへ行く3本のケーブルのみアルミパイプの中を通して、見た目スッキリを狙っていたんですが、なんとどうやってもESC6個を収納するスペースが無いんです。

それで仕方なくESCへ行く動力用のケーブルと、信号線を延長してESCはモーターの、すぐ近所に取り付けることに計画を変更しました。

アルミパイプを通って出てくる線たちです。

DSC00017_R.jpg 

入れるの大変でした!

動力用のケーブルはESCと同じ16AWGのケーブルを使用して、ESCのすぐ後ろから直ハンダ方式で繋いでます。信号線はサーボリードの自作キットを購入していましたので、好きな長さで作ることが出来ました。

変に腕が動くギミックが付いているから、腕を動かしたときにケーブルを噛み込まず、出来るだけ線が余らないように配線をしました。

各ESCに出力する電源分配については、ホビキンでこんなものを見つけていたので、FCボードの真裏に同じネジで固定しています。

27035-2_R.jpg 

一応オクトコプター用の分配器ですが、このうち6本だけを使用しています。
(ただ、この分配器は一つのチャンネルで最大10Ahまでしか許容していないため、それを超したらどーなるんでしょうか?)

次は最も苦労したモーター&ESC付近の写真です。

DSC00018_R.jpg 

ESCのケーブル処理です。(もーこれ以上は考えられなかったんです。許してください!)

DSC00019_R.jpg 

何とか不完全燃焼とは言え出来上がったので、早速浮かして見ようと最終点検していたら、モーターの配線を間違えていることに気が付きました。

モーターのローテーションですが、上から見て上についているモーターは全て逆回転。そして下についているモーターは正回転です。私はどちらのモーターもモーター側から見て正逆を見ていたんですが、よく考えたら、下のモーターはモーターの裏から見て正回転にしないとだめなんです。
ところが私はモーター側から見て正回転にしていたので、結果上下どちらのモーターも逆回転になっていました。

結論は上も下もモーターリードの接続は逆回転に接続しないとダメなんです。

次に出てきたのが下のモーター用のペラです。正逆どちらを付けたらいいのか?とりあえず上のモーターには逆回転用、下のモーターには正回転用を取り付けました。

ここまでで問題点をつぶしたつもりで、早速初飛行です。もちろんその前にFCボードの設定は済ませてあります。

広い部屋に持って来ていざ発進!!

浮かない!スロットルカーブが問題かなと思ってチョイ修正。また浮かない!

浮かないどころかモーターの回転が今迄で聞いたことが無いぐらい回転しています。

しばし休憩を取って考えて見ました。「やっぱり下側のペラに問題があるんや!」

と、言うことで作業部屋にて色々シュミュレートした結果、正解転用のペラを裏返しにしてモーターに取り付けないとペラが正常に下向きの風を出せないことが分かって、取り付けなおして再度発進!!

浮いたー!浮いたでーー!


やっと普通に浮き始めました。ただ設定がまだなので、コントロール不可能なぐらいむちゃくちゃです。

PIエディターを色々触って見ましたが、あまり効果なし。

ふと、この前の事例を思い出して、ペラのサイズとちゃうかと思い始めてます。幸い12x4.5のペラを数セット分買っていましたので、届くのを待ってここからの調整をやって見ます。

最後に・・・
このScorpionを使おうと思ったら、覚悟しなはれ!結構大変でっせ!


でも、出来上がった機体を見ていると、買って良かったかな?!と、思う私が居たりして・・・

ちなみに今回購入したScorpionのキットですが、2箇所で違うものが発売されていますので、紹介しておきます。

今回私が買ったほうのキットです。
InfinityHobbyのJETFUN SCORPION-Y650 Quick foldable TriCopter frame set

もう一箇所ありますが、こちらがコピー物だそうです。
HobbyKingのHobbyking Y650 Scorpion Glass Fiber Multi-Rotor Frame 650mm

ちなみにホビキンの方がスペアパーツも充実しているしこっちの方が良かったかなっと思っています。
HobbyKing-Scorpionのスペアパーツです。

また、つづく・・・

テーマ:ホビー・おもちゃ
ジャンル:趣味・実用

新しいコンデジがやってきた。

2012.10.11 21:23|カメラ
今使っているコンデジが電源が入らなかったり、切れなかったりで、調子が悪かった所へ娘がオーストラリアに修学旅行に行くために新しいコンデジを買うことにしました。

実際使っているのはブログを書くために私が一番使っているのですが、娘はかわいいのが欲しいようですし。

そんなこんなで決まったのが「SONYのDSC-WX50-です。

本当はリコーが最短1cmまでのマクロが付いているので、そっちの方が良かったんですが、デザインが・・・

これがそのコンデジです。

CIMG0431_R.jpg 

今まで使っていたのがカシオのEX-Z250で、900万画素です。

こっちのソニーは1,600万画素です!いったいそんな画素数どこで使うねんという感じですが、一つ気に入ったのが、ソニー自慢の裏面照射タイプのC-MOSを使っている所が気に入りました。

ノーマルのC-MOSに比べて裏面照射は暗い所にめっぽう強く、夜景モードなどが強いようです。

それ以外にもあんな機能やこんな機能がいーっぱい付いてて、1諭吉でおつりが来ました。

ほんの3年前ぐらいで言う所の3~4諭吉ぐらいはする商品ですが・・・
どんだけコストダウンしてはるんやろーか?!

まあ、消費者としてはいいものが安くなる事は大歓迎ですが、メーカーさんやショップさんは大変でしょうね。

ちなみにこのコンデジ、1920x1080のフルハイビジョンでAVCHD方式を使ってムービーが撮影できます。しかもステレオで!
今売っているムービーも安くなりましたが、それがそのまま入っていると思えば本当に「どんだけーー!」と言いたくなります。

恐れ入りました!

ちなみに私は結構趣味持ちでして、他に一眼デジカメにも凝っているんですよ。

今使っている一眼はソニー(旧ミノルタ)のα900を持っています。このカメラは本体だけで25諭吉ぐらいで買っているんですよ。この差はいったい何なんだ!!

今はラジコンの記事ばっかりですけど、ネタが無くなったら一眼のネタも書くかも知れませんよ!

つづく・・・

テーマ:ホビー・おもちゃ
ジャンル:趣味・実用

家の裏からのロケーション

2012.10.10 10:44|その他
もっと離着陸がうまかったら、有効利用をもっとすることが出来るのですが、私の腕では田んぼや畑のでこぼこの狙った位置に着陸させるのは無理です。

しかし、マルチコプターは違います。少々斜めになってもヘリのようにローターをたたく心配もないし、気持ちにちょっと余裕が出来てきます。

そんなロケーションはこれです。



最後の方で出てくる畑と、小屋の向こう側も全部田んぼです。

10数年前に今の家を買う決定権はこのロケーションです。これなら毎日ヘリで遊べる!

そう思って移り住んだは良いけど、結局ここで飛ばしたことは数回程度でした。(エンジン機だったのでうるさい)

えーおっさんが一人でやってるのを見られるのが、こっ恥ずかしい。とか何とかで、宝の持ち腐れでした。

それとコメを植える5月~10月ぐらいまでは今のような景色が一面になり、絶対に飛ばせません。

昨日は左側のはげになっている田んぼで遊んでました。

以上、近況報告・・・


テーマ:ホビー・おもちゃ
ジャンル:趣味・実用

ホビキンのペラが・・・

2012.10.09 23:30|マルチコプター
さあ無事に言う事を聞くようになった、Mini-Hexですが、部屋ホバでペラの音以外になんか不定期に「ピチッ!ピチッ!」と、変な音が聞こえます。特に気にしなければほっといても良いんでしょうが。
なんか気になると原因追求がしたくなる「超ドA型」なので、調べて見ました。

するとホビキンで買ったあの調子に良いペラが、微妙に長さが長いんです。

隣り合ったペラとの間隔はこんな感じです。

CIMG0429_R.jpg 

非常に微妙な間隔ですが、どうも機体自体に力がかかって微妙にねじれたときに、このペラの先が当たっていたんでしょう。

そう言えば「チッ!チッ!」と言う方が適切かもしれません。

当たるなら削ればいいんですが、私に全ての重量をピッタリ合わせて削るなんて大それた事は出来ません!

まあ!原因が分かったから安心しました。もうこのままで行きます。

ちなみに全体図です。

CIMG0430_R.jpg 

ご覧のように全ての位置で、当たるかどうかの間隔です。

まあ!それも個性ですから・・・

ちなみに今日お外に連れて行ってあげたのは、この子です。

以上怪音現象解決の巻きでした。

つづく・・・

テーマ:ホビー・おもちゃ
ジャンル:趣味・実用

裏の田んぼが稲刈り進む!

2012.10.09 19:37|マルチコプター
実りの秋は私にとって、飛行場の開港になっています。

普通のヘリだと稲を刈ったでこぼこで、おろすことが出来なくなるのですが、コプターの場合はあまり気にしなくてもよいので今日の夕方(早く帰って来れた)に、初外フライデーをやって見ました。

ちょっと風があって流されてはいるんですが、しっかりとホバリングできました。

ちょっと調子に乗って旋回をさせて見たんですが、私、近眼と老眼を持っておりまして、7~8m離れると、機体がどの方向を向いているのかが全く分かりません。(今度はめがね掛けてやろうかな)

さらに今まで部屋ホバばっかりやっていたので、スティックの追従が鈍くてさらにどっちに向いているのか分かりませんでした。(でも落としはしませんでしたよ)

プロポの設定含めてD/R全般を見直すか、セルフモードを解除するのかどっちが良いか、次の時には実験して見ます。

んで、今日はもう撮影できませんが、今度の時にはうちの裏のロケーションを載せますので。ハイ!

最後に一言やっぱ外はえーわー!病み付きになりそうです。

でもまたやってると、近所の爺さんたちが「それ!高いんか!」「わしでもできるか!」「わしも昔やっとってんでー!」とかお決まりの文句を言われそうですわ。(だから5時過ぎか、朝の早い時間にやるのがいいんです)

それと、ちょっと離れた近所に、表向き市が作った公園ですが、全く人がいるところを見たことない公園があるんです。そこをひそかに狙っています。そっちだと450クラスのヘリならちょっとこじんまりと練習できそうです。

てなことで、今日は終わります。

つづく・・・

テーマ:ホビー・おもちゃ
ジャンル:趣味・実用

あなどれん!ホビキンのプロペラ!

2012.10.07 22:15|マルチコプター
前記事の中で書いてたと思うのですが、Mini-Hexに使っている8x4.5のペラが、3000mAhクラスの電池を付けたら、重くてペラが負けていたと思い、8x4のペラを購入して、モーターの回転を上げて根性を入れてやろうと思って、注文していたのが今日やってきました。

こんな感じです。(青色もかっこいいですね!)

CIMG0428_R.jpg 

でも、袋を開けて見たらペラには「8x4.5」と書いてあるんです。(どー言うこと!)

でもせっかくやってきたペラなので一度全部取り替えて見ました。

そしたら!なんと!びっくり!

ペラを変えただけで、今までの不調がまるでうそのようにすごく気持ちよく浮くではありませんか!

しかもスロットル50%ぐらいで浮くように設定してあるのに、40%ぐらいでグングン浮いてしまうんです。

あわててスロットルカーブを再設定して、その後FCのPIエディターを触って行ったら、これまたビックリ。

かなり消極的な設定でないと、暴れて飛ばしにくかったのが、結構パラメーターを上げて行っても、暴れる所かかえって安定していく状態です。

飛ばしていてもペラの音が静かだし。そこで思いついたのが、前のペラは機体の重さのせいでストールしていたのではないか?そう言えば前の時は1mぐらい浮かすとペラがバタバタストールしている音がしていました。

この2つのペラを触り比べて見たら、この青い方がちょっと硬いように思います。

そう言えば前の黒いペラはかなりハードにぶつけても折れた記憶がないんですよ、それだけやわらかかったのかもしれません。

これで3機ともまあそれなりの調整具合になって、お外で飛ばせる日も近くなってきました!

裏の田んぼも稲刈りを始めたようですし1週間ぐらいで、私専用の飛行場が手に入りますし・・・

最後に私が買ったペラですがホビキンで買いました。そんなに高くないです。ビックリして追加で3セット注文しました。
気になる方はここをポチって下さい。
http://www.hobbyking.com/hobbyking/store/__25812__8040_SF_Props_2pc_Standard_Rotation_2_pc_RH_Rotation_Blue_.html

しかし色々と発見があっておもろいですわー!

今日はここまで!

つづく・・・


テーマ:ホビー・おもちゃ
ジャンル:趣味・実用

シェーバーのバッテリー交換

2012.10.07 21:41|その他
1年半ぐらいになるでしょうか、私の今使っている機種は、ブラウンの750CC-4と言うのを使っています。

極端に電池の減りが早くなったわけではないんですが、今までフル充電後5回ぐらいは使えていたように記憶していましたが、最近3日ぐらいでヘタレになってしまうんです。よく見て見たら、バッテリーのインジケーターが半分を超したら急激に充電切れになって来ているようです。

このパターンはバッテリーの寿命が近いサインですので、早速バッテリーの交換をして見ようと思って、半分だけ分解して、自分で交換が可能かどうかだけ調べて見ると、バッテリーは特にハンダ付けもせずはめ込んであるだけでした。

早速近所の電気屋さんに取り寄せをお願いしたら、翌日メーカー回答で部品の供給はしておらず、修理で対応との事でした。前は取り寄せできたんですけど、やっぱりリチウムイオンの電池を扱うので、危険と判断して部品供給をしてくれないのではないでしょうか。

※リチウムイオンの電池は取り扱いを誤ると、爆発などの危険があります。
私を含めて、このような事をするときは自己責任にてお願いします。

じゃあ仕方が無いので、ネットでパーツ扱いで探して見たら、このバッテリーがなかなか無いんです。

SANYOのUR18500Lと言う型番です。(たぶん3.7Vの1200mAh)

でもしつこく色々探していたら、なんと楽天で見つかりました。型番はちょっと違いますが、UltraFireと言うメーカーのTR18500という型番でした。ちなみに容量は1600mAhですので、バージョンアップになりますね。

それでは解体画面をどうぞ。まずは裏側を、覆っているラバーを剥がします。これは爪で差し込んであるだけなので、細いドライバーなどで剥がせばすぐに剥がせます。

CIMG0417_R.jpg 

その次は4箇所止めてあるネジをはずすのですが、このネジは”トルクスネジ”と言って、プラスドライバーでは外せません。
でもマイナスドライバーがあればどうにか外すことができます。
 ※ここから先の作業はわざわざメーカーが警告をしている箇所を分解しようとしています。しつこいですが自己責任にて作業を行ってください。

CIMG0418_R.jpg 

カバーを外すと出てきました。真ん中の赤いのがバッテリーです。

ついでに、首も取っちゃいましょう。この際ですから掃除もしておきましょう!

CIMG0419_R.jpg 

両方のバッテリーを並べて見ました。

CIMG0420_R.jpg 

サイズはほぼ一緒なんですが、接触不良防止機構か勝手に入れ替えさせないつもりなのか分かりませんが、+と-の両方の端子に5mmぐらいの突起物をスポット溶接してあります。ペンチで無理やり取ってハンダ付けしてもいいんですが、リポの電極に直接ハンダ付けはちょっと怖いので、それに電池ケースの構造を見たら、突起が無くても接触は出来そうです。

マイナス側の電極アップです。

CIMG0421_R.jpg 

真ん中が外に向いてますので、単純にこれを内側に曲げてやるだけで、きっちり接触します。

曲げ加工が済んだ画像です。

ちなみに下に見える基板がこの電池を充電したり放電したりをコントロールする保護基盤です。
(リチウムイオンの充電池は特性上4.2Vを超えて充電してはいけません。又、3.2V以下まで放電するのも電池をいためます。(3.7Vの電池の場合)。もし4.2V以上充電をするとどこかのポイントで発火、爆発へとなります。逆に3.0V以下まで放電させると電池の中で化学反応が起こり電池自体が膨れてきます。さらに膨れきった電池にはもう電池としての機能が消失していますので、使用することが出来なくなっています。)


CIMG0422_R.jpg 

もう片方の端子も同じ機構ですので、同じように曲げて出来上がりですが、もう片方は+の方で、バッテリーの+局が面積的に狭いので、もうちょっと立てるように加工するのが良いと思います。

んで、バッテリーをはめて見ますとこうなります。

CIMG0423_R.jpg 

この時点で電源スイッチを押して見たら元気良くLEDが光っていました。

予断ですが、リチウムイオンのバッテリーを探すときに注意ですが、保護回路付きと保護回路無しが有りますので注意が必要です。この写真のようにバッテリーの裏に基盤が付いていたら、ほぼバッテリーコントローラーが組み込まれていると、判断できます。また保護回路付きは全長も3~4mm長いですから物理的に入りません。

こう言う事が判断できない方や、自分で見ても判断が難しい場合は、素直に修理に出すのがいいと思います。

パネルもつけて、ラバーも付けて元通りに直りました。

CIMG0424_R.jpg 

今回の修理は電池を探すのに手間取った以外は、修理事態は「ヘイ!ヘイ!」ぐらい簡単でした。

ちなみにこれがトルクスドライバーです。見た目は☆の形になっていますが、メーカーが出来るだけ開けて欲しくない所に使われているケースが多いと思います。

CIMG0425_R.jpg 

1年半ぐらいですがお疲れさんでした。まだたぶん半分ぐらいは使えると思いますので、一応置いておきます。

CIMG0427_R.jpg 

今回はラジコンネタと違いますーー!

つづく・・・

テーマ:ホビー・おもちゃ
ジャンル:趣味・実用

Y6コプターにチャレンジ!

2012.10.05 19:15|マルチコプター
本当はだいぶ前に入手していたんですが、Y6コプター(Scorpin)にチャレンジしたいと思います。

今までと決定的に違うのが、モーターが上下に2台付いていて、お互いが反対に回って反トルクを打ち消すタイプです。

色々種類はあったんですが、さそりのフォルムにとっても引かれて、これにしてしまいました。しかもセール中だったので通常の半額ぐらいで買うことが出来ました。

まずはアームを折りたたんだ所です。 

CIMG04122_R2.jpg  

こんな風に後ろに折りたたむことができるようになっています。

アームを開くとこんな風になります。

CIMG0414_R.jpg 

まだモーターとかの電装品を何もつけていないので完成率15%てな所でしょうか?

ESCの線を効率良くきれいにまとめるにはこれしか方法が見当たらなかったです。

CIMG0413_R.jpg 

オクトパス用の電源分配器です。8個コネクターがついていますので、そのうち6個を使う予定です。

それにしてもこのScorpion、デザインを中心に設計されていますので、なんとも電装系の処理に悩む所です。

高さが15~20mmの間にESCを6個きれいにはめ込めないといけないので、果てさてどうしたものか?

ちなみにこの分配器の裏側にはKK2.0のボードが付いています。

出来上がるまでには長丁場になりそうですが、ゆっくり考えながら作って行きます。

だいぶ形になってきた。

CIMG0415_R.jpg 

この形を見ながら、ESCの位置とか、RXの位置とかをシュミュレートするんですが、どうもうまく行かない!

あまりにうまく入れてしまおうとしすぎるので、どうしてもうまく行きません。

やっぱりESCはモーター側の根元で固定して、動力のケーブルを延長する方法でやろうかと思っています。

ところで早速改造しました。

CIMG0416_R.jpg 
FCの上の空間をスペーサーのダブル使用で広げちゃいました。元々25mmの空間に13mmのスペーサーで高さを稼ぎ、その代わりその上にあるスペーサーを短いもので全体の高さはあわしてあります。手持ちのスペーサーでピッタリの物があってよかったです。

後はモーターの所とESCの連結、及びRXの位置合わせなど、まだまだやることは残っています。

方法論が決まれば、後は結構楽しいんですよ!(作るの好きー!ですから)

この続きはまた今度です。

つづく・・・

テーマ:ホビー・おもちゃ
ジャンル:趣味・実用

T-REX450コンパチ機!

2012.10.05 02:19|T-REX450Pro
左の所有機リストにもありますが、オリジナルのT-REX450PROは1台も持っていません。

HKで始まるやつは、HK450TT-PROを買ったんですが、あれやこれやと交換しているうちにTARTOの450になってしまいました。

残りのTAROTで始まるやつの内1機だけはTAROT450PROを買って、フライバーレスに改造したものです。

後の残りはなんか部品が余ってきたので、AC-RC HOBBYでパーツ買いをして、残りの3機は作りました。

あと、頭にALSが付いているのが一部アルズRCの部品も試しに使ったやつです。

よっぽどT-REX450PROが気に入ったんですね。

ちなみに全て、フレームはV2使用に改造してサイクリックサーボは後付け出来るように、改造済みです。

後は、メタル化出来る所は全てメタル化してテールも全てカーボン化しています。

こんだけやって腕前はどうやねんと!

聞かないで下さい。どうか聞かないで下さい。

今は、これらのパチ機たちが大空をかっ飛ぶ姿を夢見て、整備だけは抜かりなくやっています。

思いっきりかっ飛んだら、気持ちいいやろなーーー!

そうです、ここは大阪なんで調子に乗ってきたら、どうしても標準語ではなく大阪弁になってしまいますーーー!

ほんなら、夜も遅いのでこの辺でお開き言うー事で!


おやすみなさい。

テーマ:ホビー・おもちゃ
ジャンル:趣味・実用

ちょっと悲しい・・・

2012.10.04 23:49|その他
私に、このブログの世界を教えてくださった方が、急に休止宣言されてしまったんです。

その集まりの中ではまだまだ最近知り合ったばかりで、どうしたこうしたが聞ける関係でもないんです。

でも、そのブログでの宣言を見て、寂しいやら悲しいやら、まだ1回しか一緒に遊んでないのに・・・

でもブログでわざわざ休止宣言をされるぐらいですから、何か思うところがあったんでしょう。

ヘリの世界も一旦中止するとまで宣言されていますので、何かあったんでしょう。

私個人的には、今取り組んでいるマルチコプターでそれなりに出来るようになったら、ヘリの方へシフトしようと思っていただけにちょっとショックです。

マルチコプターでのホバリングは実にヘリのそれとよく似ていて、十分練習になると思います。

ただ、値段の高い自立安定のよすぎるコントローラーを取り付けている方は別です。高いコントローラーはほっといてもホバリングが出来ますが、今使っているKK2.0程度のコントローラーでは調整しても自分でコントロールしなければ、どこに行くかわからないので、知らず知らずの内にホバリングがマスターできると思います。

何はともあれ、今私は焼酎を飲みながら、その方のことを考えております。

あーいったいどうしたのだろう!

テーマ:ホビー・おもちゃ
ジャンル:趣味・実用

FCのフラッシュツール???

2012.10.01 23:56|マルチコプター
KKやKK2.0などのフラッシュツールがバージョンアップされています。

Ver0.70.beta4でした。

これで今までずーと気になっていたところが、なにか変化があるのかなー?と、思ったら全く一緒でした。

それはこの画面です。

フラッシュツール_R 
画像にも書きましたが、今まで何をインストールしてもここには、"Kapteinkuk Quadcopter <4.7"しか出てこないんです。

ここには本来自分のインストールしたファームウエアが、出てくるんじゃないかと思うんですが、誰かこの真相をご存知の方がいらっしゃったら、是非コメ入れてください。

宜しくお願いします。

テーマ:ホビー・おもちゃ
ジャンル:趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
現在の閲覧者数: