10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

かずべい

Author:かずべい
かずべいのヘリライフへようこそ!
まだまだ初心者ですが楽しんでます。
所有機
T-REX450PRO(パチ物ばーかり)
・HKTAROT450-3GX
・TAROT450-3GX
・T-REX450L(3セル)
T-REX500EFL
T-REX550E(V2改)
T-REX600EFL
MultiCopter
・500mmY3 Tricopter type
・500mmFPV-Quad-X Type
JR Voyger50(エンジン機)
Walkela GeniusCP/V2
Phantom

最新記事

最新コメント

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

来訪者数

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

BOYUU A10に12AX7のプリ管を使う改造録。

2017.11.11 14:04|工作

以前の記事で1台目の真空管アンプに「BoYUU-A10」と言う機種を購入したことは書いたが、

このようなアンプであります。

DSC03762_R_20171111140424fe9.jpg 

ちなみに真空管の保護ガードは別売ですので、付属はしていません。

真空管を見るとこんな感じです。

DSC03766_R.jpg 

ちょっと醜いですが手前の小さいのがプリ管で、真ん中の大きなのが整流管です。

そして後ろの大きな菅がパワー菅です。

各真空管の型番は以下の通りです。

プリ管  => 6N2J

パワー菅 => EL34-B

整流管  => 5Z4PJ

このうちEL34-Bは購入後すぐに興味本位で、エレクトロハーモニクスのEL34EHに

交換してあります。本来はパワー菅を交換したら、バイアス調整というものをやらなければいけないようですが、

特に何もやらずとも正常に動作しています。

音色としては高音、低音とも力強くなったようです。これはとりあえず成功しました。

整流管に関しては交換しても特に変化がないため、何もしていません。

もっとも最近のアンプは整流管の代わりにダイオードブリッジを使うタイプの方が主流になっているようです。

問題はプリ管です。

6N2Jでいろいろ検索してみましたが全く情報がなく、あっても販売用で1本売りだけで

2本のマッチドは売られていません。壊れた時が心配です。さらにあまり聞いたことのない中国製の

球となればなおさらです。

そこで今回このプリ管を「12AU7か12AX7」に交換したくて試行錯誤しました。

ダメもとで、手元にある12AU7を差し込んでチェックしたら、ピン互換はあるようで音は出ました。

しかし前はボリューム9時ぐらいで視聴できていた音量が12時ぐらいまで回さないと同じ大きさで

再生できないのと、所々でひずみが出てくるようになりました。

12AX7に関しては方チャンネルが音が出ない(極端に小さい)ようになりました。

双方ともにピン互換はあっても電気特性には互換がないようで、あきらめ半分で調べてみたら、興味のある

記事に遭遇しました。

それは真空管の肝であるヒーターの電圧の印加方式でした。

どうもオリジナルの状態では12.6V印加されているようで、これを半分の6.3Vにする方法がわかりました。

早速実験をしてみたところ、12AU7では10時ぐらいのところで12AX7では前と同じ9時ぐらいで

視聴できるようになりました。また、12.6Vの時には36度ぐらいの温度でしたが正規の50度前後に

上がっています。

どうやら12AU7も12AX7も6.3Vで正常動作するようにアンプ側が設計されているようでした。

以下に改造のやり方を書きますが、真空管の知識はほとんど無いわ私が勝手に改造していますので、

真似をされる方は自己責任でやってください。寿命が短くなったり他の問題が出たとしても私としては

一切の責任を取りませんのでそのつもりで記事を見てください。

まず守ってほしいことですが、必ずACコードは抜いて、残留電気を放電するためスイッチを入れて

30秒から1分ぐらい待ってから作業してください。

内部には400Vを超える高電圧がかかっていますので、感電するだけではすみません。最悪死んでしまうかも

しれませんので絶対に注意して作業せてください。

以下注意点

1.ACコードは外す、その後放電。

2.薄めの手袋や軍手などを使用して、万一に備えて作業する。

3.近辺にある配線をはんだごてで溶かしたりしないように注意して作業する。

4.すべての真空管を外してから作業する。(熱の問題と裏向け作業のため、球を割らないため)

ようは気を付けて作業しなさいということです。

アンプをひっくり返して6本のネジを外して裏ブタを開けるとこんな感じになっています。

内部写真_R 

写真を撮り忘れたためWebに乗っていた写真を引用しました。

初めて開けたときはびっくりしました。普通普及版の安いアンプはプリント基板配線になっているものが

多いのに、このアンプは全て手配線でした。

しかもハンダなど丁寧に処理されていて、中華アンプの割には気合の入ったアンプだと感心しました。

改造を始める前に真空管のピン配置についてですが、以下のようになっています。

DSC03767_R.jpg 

ピン側から見て広く間隔があいたところを基準に左から時計回りに1番から9番までピンがあります。

今回使うのは4,5番ピンと9番ピンです。

12A系のプリ管は4と5番ピンにACを配線すると12.6Vで動作して、4,5番を短絡させて

9番に繋ぎ変えをすると、6.3Vで動作するようになっているようです。

最初は以下のようにつながっています。

DSC03764_R.jpg 

4番と5番の間にAC12.6Vがかけられています。

この内5番のケーブルを外して9番に繋ぎ変えて、4と5番を短絡させると出来上がりです。

出来上がった写真です。

DSC03765_R.jpg 

写真では「4番ピンの線をここに移設」とありますが、5番ピンの間違えです。(スミマセン)

写真でわかると思いますが、なかなかケーブルが外れなくて、少し溶けているのがわかるともいます。

4と5番の短絡については抵抗などの足の余りなどではんだ付けすればよいと思います。

これを左右両方とも処理するわけですが、つながっている線が、かなりぴったりの長さで、線の

取り回しに苦労しますが、ねじってある線をほどいたりして、長さを確保してください。

特に左側は右側の線と2本分はんだ付けされているため、作業は注意してやってください。

また、左側はすぐ近くにヘッドホンのケーブルがあったりで、込み合っているので、はんだごての

扱いに注意して、溶かしたりしないようにしてください。

以上で改造は終了しましたので、好きなプリ管「12AU7か12AX7」のどちらかに差し替えて

ご使用ください。おすすめは12AX7です。

ちなみに私はこれまたエレクトロハーモニクスの12AX7EHのマッチドペア間を購入して使っています。

音色はさらに低音がパンチ力が出てよい感じですし、自分だけのオリジナルアンプのような気がして

現在はお気に入りのアンプとなりました。

これで標準で刺さっている「6N2J」とはおさらばとなりました。

以上が今回の改造録ですが、重ねて書きますがど素人がやってことですので、この改造で壊れたとか

不調になったとかについては一切責任を取りませんので、悪しからずご了承いただいた上で、実行に

移すかどうかを決めて下さい。

今回はここまで。


つづく・・・

手作り真空管アンプ エレキット TU-8200

2017.10.29 13:00|工作
今まで使用していた普通のアンプから真空管アンプに変更してみたら、音の良さにびっくりしました。

ほかにも良さそうな物がないかと物色していたら、面白いものを見つけました。

エレキットから発売されている、TU-8200KITと言うものです。

1台目のアンプは真空管にEL34というものを使用していますが、TU-8200は6L6GCと言う真空管を使用しています。

音の違いも気になりますが、キットになっているので自分で組み立てる楽しみも味わえて一挙両得です。

また、レビューを参考にしてこれと一緒にアムトランス製のアップグレードキットも一緒に購入しておきました。

アムトランスのURL => www.amtrans.jp/SHOP/AMP-TU-8200PT-T.html

同じ物の購入を考えている方の参考になればと、ブログにアップしてみました。

元々はBOYUUのA10という真空管アンプを使用していたのですが、自分で作るという内容にひかれて購入してしまいました。


BOYUU-A10アンプです。真空管保護グリルはオプションです。

DSC03762_R.jpg 

では早速開梱式です。

こんな箱に入っています。

DSC03737_R.jpg 

箱を開けるとこんな風です。

DSC03738_R.jpg 

中身の一式です。

DSC03739_R.jpg 

コネクターや部品が入った小袋です。

DSC03740_R.jpg 

その他のコネクターや部品などが入った小袋です。

DSC03741_R.jpg 

スピーカーターミナルや、スペーサーなどがメインで入っている小袋です。

DSC03742_R.jpg 

こればメインの6L6GCの真空管ですが、ロシア製のエレクトロハーモニクス社の6L6EHが入っていました。

DSC03743_R.jpg 

真空管の表面です。独特のデザインが気に入っています。


しかしながらソケットが反対方向なので、裏向けになってしまいますが・・・


DSC03744_R.jpg 

これがこのアンプで使用する基盤の全てです。一つづつ切り離して使用します。

DSC03750_R.jpg 

メイン部分の基盤です。部品点数は結構多いですね。

DSC03747_R.jpg 

このように使用する備品をすべてシルク印刷してありますので、意味が分かる方なら問題なく組み立てできると

思います。またこのようにあらかじめオプション「今回の場合はアムトランスのアップグレードパーツ」なども取り付け

できるように穴もあけてあります。ただし、抵抗だけは穴の間隔が10mmでアムトランスの抵抗より小さいため

取り付けに工夫が必要です。(私は推奨されていませんが、抵抗を根元から足を折り曲げて、少し浮かし気味で

取り付けました。



DSC03748_R.jpg 

こんなシール名で同梱されています。

DSC03749_R.jpg 

私は音楽ソースにRaspberryPiを使用しています。

このようにI2sのドーターボード式のDACからアナログを出力して使用しています。

ちなみにOSはRuneAudioを使用して、海外のJAZZを視聴しています。

DSC03752_R.jpg 

これがアムトランスのアップグレードキットです。主に抵抗のアップグレードがメインですが、一部フィルムコンデンサー

もキットに保続されています。

DSC03753_R.jpg  

部品を全て並べてみました。

DSC03754_R.jpg 

元々の抵抗は袋に小分けこそされていますが、分かりにくいのでこのように厚紙に張り付けて、必要分を抜いていくように

しています。こうすればアップグレードキットとの入れ替えもスムーズに行えます。

DSC03755_R.jpg 

いきなりですが基板の完成写真です。

まずはメインボードの部品面です。青い抵抗と大きなフィルムコンデンサーなどがアップグレードパーツです。

DSC03756_R.jpg 

メインボードの裏面です。真空管のソケットが目を引きます。またここにあるジャンパーでアンプのモードを変えることが

できます。私は推奨のULモードで使用することにしました。

DSC03757_R.jpg 

サブボードです。アウトプットボードとの接続には40ピンのコネクターを使いますので、神経を使うところです。

DSC03758_R.jpg 

アウト、インプットボードです。感心したことは全て基盤だけで各端子を接続するように作られていて、とても簡単に

組み立てることができます。

DSC03759_R.jpg 

最後にAC関係のボードです。

DSC03760_R.jpg 

これらの各ボードが出来上がったら、あとは説明書に従ってネジでトランスなどを含めて組み立てていくだけで完成

します。組み立て自体は2時間もあればできるでしょう。

さらに各ボードなどの誤差が少なくきっちり組み立てできるところなどはさすがだなと感心させられます。


全体的にはオーディオ自体をこんな風にレイアウトしています。

本当はTU-8200自体は外に出したかったのですが、このTVボードの上には乗りませんでしたので中に入れています。

若干空調が心配です・・・

DSC03761_R.jpg 

TU-8200の右側にあるのは、スピーカーセレクターです。これを逆使用してアンプセレクターとして使用しています。

ちなみにスピーカーはヤマハのNP-BP200です。安い割にはよい音を出してくれるので、気に入っています。

Amazonで大体8000円ぐらいです。

これが元々のBOYUUのA10アンプです。

DSC03762_R_2017102912450599c.jpg 

こちらは完成したTU-8200です。

DSC03763_R.jpg 

異常が制作日記ですが、出来上がって初めてACにさすときは非常に緊張します。

そーっとACコンセントを差し込み異常がないようであれば、緊張の電源ONです。

幸い特に煙や異臭などはなく真空管も少しずづヒーターが光ってきています。

そのあと実際に配線をして初めての音出しです。

一発OKでした。

音質はセレクターで切り替えながら聞いてみたのですが、EL34とよく似た特性の音で、特にじゃじゃ馬的な音ではなく、

優しくて低音から高温まで無難になっている様子です。まだエージングも住んでいないのでこれから本領発揮だと

思いますが、EL34に比べて少し低音が弱いように感じました。

ステレオの左右の定位も広がりよくボーカルなどはそこで歌っているように聞こえます。

各楽器の音もよく分解されていて、私的には好きな音です。

ちなみにBOYUUのA10は6W+6WですがTU-8200は8W+8Wなので、ボリュウームはかなり絞っても十分にリスニング

できる音量です。

いずれにしても真空管アンプはエージングすると性格が変わる生き物のようなものです。

これから60時間ぐらいエージングしてみますが、特性が回ったらまた追加で報告したいと思います。

今日はここまで。

つづく・・・

RaspberryPi3のBluetoothについて。

2017.01.03 14:00|パソコン
早い物でRasPi3を購入して早1ヶ月を過ぎましたが、下記の問題点を克服するのが大変でした。

1.RasPi2で使用していたイメージをコピーしてRasPi3に使用しても、立ち上げることすらできなかった。

これについてはRasbianの最新バージョン(3月18日)を入れて、最初から全て設定をやり直して動作するようにしました。

2.思った以上にWiFiの電波が弱くて、BitRateが最高で72MBぐらいしか出ない。

これはRasPi3はアンテナにチップ式の小さなアンテナを利用しているので、仕方が無いと思います。

現実的なBitRateは大体5.5MBぐらいで推移しています。(当方木造家屋の2回にルーターを設置して、1階で使用しています)

これについてはどうしようもないので、この状態で使うしかないと思います。

3.BuletoothはデスクトップのGUIでは動作しない。

これについては全て当たらしiOSで仕様が変わっていて、コマンドラインからの操作が必要です。(これを解決するのに2週間以上かかりました)

参考にしたページ。=>dq310.com/nm/raspberry-pi%E3%81%ABbluetooth%E3%82%B9%E3%83%94%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%82%92%E3%81%A4%E3%81%AA%E3%81%90%E3%80%82taotronics-tt-sk03b/

Bluetooth

ALSA

Bluetooth 追加

こちらが一応一番現実的な解説ではないかと思います。

自分の忘備録としてリンクを張っておきます。

以上が大体苦労した点ですが、いやはや手を焼きました。

いまはいちおうBuluetoothも機嫌よく使えて、スピーカーからMOCPの奏でるJAZZを、楽しんでおります。

ついでに3.5インチのタッチパネルの使えるようにして、楽しんでおります。
Amazon=>www.amazon.co.jp/cocopar-cocopar%E2%84%A2-raspberry-pi%E7%94%A83-5%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%81%E3%82%BF%E3%83%83%E3%83%81%E3%83%91%E3%83%8D%E3%83%AB-%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%B9%E4%BB%98%E3%81%8D/dp/B017SHHLRC

NEW 3.5inch LCD 設定方式

このタッチパネルを使用するのには、新しい専用のイメージが必要で、メーカーが新しいイメージを提供してくれています。

専用のURLにアクセスしてダウンロードして、又最初から全ての設定をやりました。

その時もBuluetoothの設定でつまずき、これまた大変な思いをしましたが、何とか思うようには動くようになりました。

RasPi3の近況は以上です。


でわまた・・・

PS.

3.5インチのディスプレイではあまりにも見にくく実用的ではないため、安くなってセールになっていたので5インチの解像度が800X600のものに交換しました。

5インチディスプレイ=>5インチディスプレイ

参考ページ=>5インチディスプレイ 設定

上記参考ページで実に簡単に動作せせることができました。

さらに、このディスプレイは解像度のアップスケーリングが可能なようで、現在は960 x 576のモードで使用しています。

少し文字が小さくなりますが、情報量は格段に増えて実用になるようになりました。

文字もきれいでなかなか気に入りました。

OSはRasbian4.4.〇のバージョンで使用できています。

ただ一点困るのがケースです。5インチと言えどもRasPiよりはだいぶと大きいため、ケースに入れることができません。何とか発売してくれないかと願います・・・

でわまた・・・

Raspberry Pi3が手に入った。

2016.03.30 13:56|パソコン
ひょんな事からRaspberryPi3が手に入った。
一部の方は直接外国から手に入れていたようだが、私はなんとなくアマゾンを見ていたらあったので
ポチってしまった。

新型のPi3はCPUパワーが少しアップして、WiFiとBulutoothが内蔵されているらしい。

そのWiFi類の国内で使用許可の技適が取れていなかったので、国内での発売が遅れていたようです。

今回手に入れたのはその技適を正式に取った物なので、WiFiなどを使用することが出来ます。

まずは恒例の全体写真です。

DSC01796_R.jpg 

左がPi3本体で右が専用のケースです。

DSC01797_R.jpg 

きちんと技適マークが入っています。

DSC01798_R.jpg 

Pi3を開けてみたら取説が2枚入っていました。

中身は日本語の項目もありましたが、読んでも読まなくても良いような内容でした。

DSC01799_R.jpg 

正面からのショットですが、Pi2とどこが違うの?と言うぐらい似ていました。

WiFiとかアンテナはどこにあるのでしょうか?

DSC01800_R.jpg 

裏側ですがこちらもPi2と違いが分かりません。

DSC01801_R.jpg 

次はケースですが、今までのケースでも問題なくはまりそうです。たまたま一緒に購入すると500円値引きが
入るとの事なので、同時購入しました。

DSC01802_R.jpg 

何の変哲もないただのアクリルケースです。

DSC01803_R.jpg 

今までのケースと違って、ゴム足が付属していました。

ただ、このねじは何に使用するのでしょうか?

それとGPIPの所が蓋が出来るようになっていました。

DSC01804_R.jpg 

本体をはめ込んでみました。ピッタリです。少し硬かったです。

DSC01805_R.jpg 

GPIPの部分です。まだ蓋はしていません。

DSC01806_R.jpg 

ふたをするとこんな感じです。私は特に使用しないので、誇りなどの面で蓋をしておきました。

DSC01807_R.jpg 

メモリーは16GBをはめ込んでみましたが、ここではじめて違いを発見!

従来までのPiはメモリーを差し込むと「カチッ」と抜け止めが聞いていたのですが、Pi3はそれがありません。

置くまで差し込んでそれで終わりです。

最初壊れているのかと思いました・・・

久しぶりに・・・

2015.09.21 17:52|その他
本当に久しぶりにブログ更新です。

個人的に忙しくて、趣味やそれどころではなくって。

久しぶりに自分のページを見てみたら、なんか語呂のいい数字が出ていたので載せて見ます。

72222_R.jpg 

なんか幸せを感じる数字だったので、記念に!

つづく・・・
現在の閲覧者数: